KompleteKontrol 1.1 新機能

Author: sleepfreaks

様々な機能が追加された待望のアップデート

Komplete_Kontrol_S_Series

「KompleteKontrol 1.1」がリリースされました。
今回のアップデートは、製品の魅力を存分に活かした新機能が多数加わっており、
より快適に製品を使用することができます。

KOMPLETE 10-1

また「Komplete 9/10」をお持ちの方は、本体を持っていなくても、
無償で「KompleteKontrol」ソフトウェアを使用することができます。

「アルペジオ」「コード」「スケール」など、
各機能をDAW上で扱うことができますので、是非、お試しください。

それでは、解説へ入っていきましょう。

Komplete Kontrol_動画アクセス


  1. 1製品概要
  2. 2ブラウズ機能
  3. 3ライトガイドとクリアビューディスプレイ
  4. 4スケール機能
  5. 5コード機能
  6. 6アルペジオ機能
  7. 7オートメーションとMIDIモード
  8. 8KompleteKontrol 1.1 新機能
  9. 9KOMPLETE KONTROL Ver1.5 新機能の解説
  10. 10KOMPLETE KONTROL Ver1.6.2 新機能の解説
  11. 11KOMPLETE KONTROL Ver.1.9.3 「DAWのコントロール」で快適な制作環境を構築する
  12. 12Komplete Kontrol Ver.1.9.3「ホストインテグレーション機能」CUBASE編
  13. 13Maschine / KompleteKontrol お気に入り機能
製品のご購入

「KOMPLETE KONTROL」をご購入すると、
10製品が無料でバンドルされる「KOMPLETE SELECT」が追加されます。

アップデート方法

製品をバージョンアップするための手順となります。

ServiceCenter

まずは「ServiceCenter」を起動します。

  • Mac : 「システムHDD」→「アプリケーション」→「Nativeinstruments」
  • Windows : 「Cディスク」→「ProgramFile」→「Nativeinstruments」

の中に収納されています。

アップデート

「アップデート」に表示されますので、ダウンロード/インストールを行います。

次に「ファームウェア」のアップデートです。
本体の状態を最新にします。

以下URLへアクセスします。
http://www.native-instruments.com/en/support/downloads/drivers-other-files/

Downloads

「KOMPLETE KONTROL」の中から「Mac/Windows」環境に合わせて、
ダウンロード/インストールを行ってください。

パソコンを仲介せずMIDIキーボードとしての使用が可能に

今まで「KompleteKontrol」を使用するためには、
必ずパソコンを仲介する必要がありました。

MIDIインターフェイス

今回のアップデートでは、この制限が解除され、
音源と直接MIDI接続を行うことで「MIDIキーボード」として動作します。

ライブでの演奏や、手軽に音源を演奏できるという点で、
大きく利便性が向上しています。

アルペジオにホールドモードが追加

ホールドモード

アルペジオにホールドモードが追加されました。
「Hold」をオンに設定することで、弾いた鍵盤の音程が持続して演奏されます。

両手が空き、他パラメーターの効果を存分に試すことができます。

アルペジオ機能解説へ>>

スケール機能 キーモードが追加

スケール機能

Lightガイドを活かした音程表示「KeyMode」の種類が1つ追加されています。

  • Guide : 新たに追加されたモード。
    指定したスケール構成音を表示すると共に、スケール外の音程も演奏することができます。
  • Mapped : 前バージョンの「Standerd」から改名。
    指定したスケール構成音を表示すると共に、スケール外の音程を自動的にスケール構成音に合わせます。
  • Easy : 前バージョンと同様。
    指定したスケール構成音を全て白鍵で演奏可能。黒鍵は音程が再生されなくなります。

スケール機能解説へ>>





MIDI出力が可能に

「アルペジオ」「コード」「スケール」などで生成されたMIDIデータを、
MIDI出力し、DAWヘ録音可能となりました。

これにより、演奏結果を他音源に割り当てたり、演奏内容を微調整することができます。

MIDIトラック

「MIDIトラック」を作成します。

MIDI録音

「MIDIトラックの入力」を録音したいKompleteKontrolの「MIDI Out」へ合わせます。
※ここでは「Lead」トラックを録音してみます。

データ録音-1

後はMIDIトラックにRecを入れ、録音するだけです。
KompleteKontrol内部で行われた処理がMIDIデータとして録音できます。

モジュレーションストリップのモードが追加

モジュレーション

「Modulation」の「Mode」が3種類追加されています。

  • Spring : ピッチベンドのような動きで、元の値に戻ります。
    その早さを指定することも可能です。
  • Tempo : 楽曲のテンポと同期した動きとなります。
    その動き方、音価を指定することも可能です。
  • Stepped : モジュレーション範囲を部屋ごとに区切り、極端な値変化を与えることができます。
    2〜5つの部屋を指定することができます。

プリセットの保存

お気に入りのサウンドを保存することができるようになりました。

Save as

「File」→「Save As」を選択します。

プリセット名

プリセット名を決めます。

プリセットの呼び出し

ユーザー部分より呼び出すことが可能です。

ブラウズ機能へ>>

EDIT

また下部分の「Edit」より、
音色タイプなどタグの付け直し、または「+」よりタグの追加が行えます。

製品のご購入