「KOMPLETE KONTROL」5_ コード機能

Author: sleepfreaks

コード知識がなくても直感でコード進行をつけられる

Komplete_Kontrol_S_Series

「スケール機能」を把握した後は「コード機能」へ入っていきます。

名前の通り、自動でコード生成を行うことができるため、
コード知識が無い方でも簡単に楽曲へ適正コードをつけることができます。

そして、この機能のポイントは「スケール機能」との連携です。
「キー/スケール」を指定しておくことで、その構成を使用したコードが演奏されます。

コード進行の癖から脱却し、新たなコード展開を発見できる可能性も秘めています。

Komplete Kontrol_動画アクセス


  1. 1製品概要
  2. 2ブラウズ機能
  3. 3ライトガイドとクリアビューディスプレイ
  4. 4スケール機能
  5. 55_コード機能 *当記事となります
  6. 6アルペジオ機能
  7. 7オートメーションとMIDIモード
  8. 8KompleteKontrol 1.1 新機能
  9. 9KOMPLETE KONTROL Ver1.5 新機能の解説
  10. 10KOMPLETE KONTROL Ver1.6.2 新機能の解説
  11. 11Maschine / KompleteKontrol お気に入り機能
製品のご購入

「KOMPLETE KONTROL」をご購入すると、
10製品が無料でバンドルされる「KOMPLETE SELECT」が追加されます。

コード機能を有効にする

前回のスケール機能と同様となります。

同時に押す

「SHIFT」+「SCALE」を押します。
これでスケール機能へアクセスできます。

上記操作を再度行うことで「スケール機能」から抜けることができます。
「SCALE」点灯させることで、効果が有効になります。

スケール機能の有効化

「Scale」を有効にし「Chord Mode」を有効にします。

このコードモードには3種類あります。

  • Off_デフォルトの状態でコード機能が有効になっていません
  • Harmonizer_選択している「キー/スケール」に合わせてコードが生成されます
  • ChordSet_キーに合わせた適正コードが各鍵盤に配置されます
    この際に「スケール」は無効となります

Harmonizerモード

Harmonizer

現在指定している「キー/スケール」の構成音が組み合わさりコードが生成されます。
その組み合わせは赤囲み部分より度数で指定します。

Chromatic

スケールを「Chromatic」に設定している場合は、構成音は全鍵盤(12半音)が対象になります。

ChordSetモード

Chord-Set

現在指定している「キー」のみが考慮され、「メジャー/マイナー」を指定します。
各鍵盤には曲の中で使用頻度が高いコードが配置されます。

これにより、音楽知識が無い方でもすぐにコード演奏が可能になります。

製品のご購入