EVOLVE 2_Master EffectsとTrigger FXの使い方

Author: sleepfreaks

サウンドにエフェクトを適用する

1-Trigger

前回、「EVOLVE」の音色の選び方や基本的な操作方法について解説しました。
今回は、サウンドの雰囲気を大きく変化させるエフェクトの適用方法や、
キースイッチでエフェクトをコントロールできる「Trigger FX」についてご紹介いたします。

EVOLVE 解説動画


  1. 1基本概要と音色選び
  2. 2Master EffectsとTrigger FXの使い方 *当記事となります
  3. 3SEQUENCE機能
製品のご購入

通常版のKompleteへ更に音源を追加した完全版です。
よりリアルで豊富な生楽器音源、シンセ、エフェクトなど。
最初から完全な状態で制作を始めたいという方へオススメいたします。

Master Effectsについて

2_Master FX-1

「Master Effects」には、下記の5つのエフェクトが用意されています。

  • Skreamer
  • Lo-Fi
  • Cabinet
  • Delay
  • Reverb

「Skreamer」

3_ Skreamer

「Skreamer」はディストーション系のエフェクトです。
その名の通り、叫ぶような、荒々しく迫力のあるサウンドを得ることができます。
各パラメーターの意味は以下の通りです。

  • Drive: 歪みの量を調整します
  • Tone: 音色の明るさを調整します
  • Bright: 高音域の明るさを調整します

「Lo-Fi」

4_Lo-Fi

「Lo-Fi」は、あえてデジタル的に音を劣化させるエフェクトです。
アナログ系のエフェクトとは一味違った、独特の存在感や倍音を得ることができます。
各パラメーターの意味は以下の通りです。

  • Bits: ビット解像度を下げてデジタルディストーションを付加します
  • S.Rate: サンプルレートを下げてエイリアシングを付加します
  • Noiset: ノイズを付加します

「Cabinet」

05_ Cabinet

「Cabinet」では、スピーカーキャビネット通した際の効果をエミュレート出来ます。
大幅に音色の雰囲気を変えられるため、楽曲や場面に合わせたムード作りに適しています。
各パラメーターの意味は以下の通りです。

  • Size: スピーカーの大きさを調整します
  • Air: スピーカーが置いてある空間の部屋鳴りを調整します
  • Treble: 高音域の量を調整します




「Delay」

06_Delay

「Delay」はもちろん「やまびこ効果」を得るエフェクト。
DAWを使っている多くの皆さんにお馴染みのエフェクトかと思います。
各パラメーターの意味は以下の通りです。

  • Level: やまびこの音の音量を調整します
  • Feedback: やまびこの減衰率を調整し、どのくらい繰り返すかを決めます
  • Time: やまびこの間隔を16分音符単位で調整します

「Reverb」

07_Reverb

「Reverb」こちらもおなじみのエフェクトですね。
空間の響きを得るものですが、雰囲気を変えるのに最もお手軽かつ効果的です。
各パラメーターの意味は以下の通りです。

  • Level: リバーブ量を調整します
  • Size: ルームサイズを調整し、リバーブの響き方を変えることができます
  • Damping: 音の吸収具合(リバーブの減衰度合い)を調整します

「TRIGGER EFFECTS」について

08_TRIGGER EFFECTS

「Trigger Effects」では、キースイッチを使ってダイナミックに
複数エフェクトのオン・オフを切り替えることができます。
各々を細かく調整することは出来ませんが、ライブ等で瞬間的な変化が欲しい場合、
あるいは製作時に手軽に雰囲気を変えたい場合等に重宝します。

製品のご購入

通常版のKompleteへ更に音源を追加した完全版です。
よりリアルで豊富な生楽器音源、シンセ、エフェクトなど。
最初から完全な状態で制作を始めたいという方へオススメいたします。