fabfilter Pro-Q

Author: sleepfreaks

高機能な万能EQ Pro-Q

fabfilter Pro-Q は「見やすい わかりやすい 使いやすい」と
三拍子揃った高性能イコライザーです。

FabFilter Pro-Q

「アナライザー」も搭載されているため、サウンドを視覚的に確認でき、
「LR独立/MS処理」で細かな調整も可能となっています。

  • 「fabfilter Pro-Q」の購入手順

http://sleepfreaks-dtm.com/dtm-materials/buy-pro-q/

fabfilter Pro-Q 解説動画アクセス

fabfilter Pro-Q*現在の記事となります
fabfilter Pro-Q2_1 新機能 Auto Gainほか
fabfilter Pro-Q2_2 新機能 Spectrum Grab & EQ Match


動画ポイント_操作ショートカット

EQポイントを操作する際のショートカットが用意されています。

Q幅の調整

Q幅

  • Mac : Command + ドラッグ
  • Windows : Control + ドラッグ

フリーケンシーの微調整

Feqの微調整

  • Mac Windows 共通 : Shift + ドラッグ

ポイントのバイパス

バイパス

  • Mac : Option + クリック
  • Windows : Alt + クリック

動画ポイント_ポイントのモニタリング

ポイント部分の視聴

EQポイントの「ヘッドフォンアイコン」をクリックすることで、
そのポイントのみのサウンドを確認することができます。

「ピークを探す」「カットする範囲を調整」などに役立ちます。

動画ポイント_EQタイプの変更

EQタイプ

EQタイプを変更したいポイントを選択し、
下の赤囲み部分よりタイプを変更することができます。

動画ポイント_アナライザーの使用

アナライザー

赤囲み部分から「モード」を選択することで、アナライザーを使用することができます。

  • Pre : EQ前のサウンドです
  • Post : EQ後のサウンドです
  • Pre + Post : EQ適用前と後の両方が表示されます

動画ポイント_リニアフェイズの適用

Processing

赤囲みの「Processing」からは「リニアフェイズ」を選択することができます。
CPU負荷が高くなりますが、位相関係を崩さないサウンド処理が行えます。

動画ポイント_独立LRとMS処理

Mode

EQ処理を「LとR」個別に行うことができます。

これにより偏った周波数を細かく調整できる他、
オレンジ部分より「MS処理」を行うことも可能です。