18 オーディオの編集 Cubasisの使い方

Author: sleepfreaks

オーディオイベントを編集して楽曲にカスタマイズする

Edit Document

トラックの種類には「MIDI」と「Audio」の2タイプがあります。

MIDIトラックはリズム修正、音程の変更、楽器の変更などを
自由にエディットすることができる柔軟性があります。

オーディオではそのような編集はできませんが、
MIDIには出来ない特有の編集を行うことも出来ます。

ここでは、オーディオの編集方法を確認していきましょう。

オーディオの編集方法

オーディオの編集を行うには、エディターへアクセスする必要があります。

オーディオの編集

目的のオーディオイベントをダブルタップすることで、
オーディオエディターが開かれます。

エディター内容

編集項目を適用したい部分を指定(全選択も可能)し、各操作を選択します。

  • Trim : 指定した部分のみを残し、他の部分は削除されます。
  • Erase : 指定した部分を削除し、イベントを詰めます。
  • Reverse : 波形を反転させ特殊効果を作り出します。

  • Normalize : 波形の音量を最大化(割れるギリギリまで)します。

  • Fade in/Out : 音量を徐々に上げたり、下げたりすることができます。
    この部分からも行えますが、次項でもっと便利な方法を解説します。

  • Save to Media : オーディオファイルを保存し、他のプロジェクトで使用することができます。

Audio-Save

「Save to Media」をタップするとこのようなウィンドウが開きます。
任意の名前をつけて保存します。

Audio-Media

保存した素材は「Media」→「Audio」→「My audio files」から素材を呼び出すことができます。

行った操作を元に戻す Undo

行った編集は「Undo」を使用することで簡単に戻すことができます。
以下の記事で詳細を解説しています。