エンバイロメント/トランスフォーマー1 Logic Pro の使い方

Author: sleepfreaks

Logic トランスフォーマーでMIDI信号を変換する

前回はフェーダーの「チャンネル設定」を中心に説明を行ないました。

ここでは「トランスフォーマーオブジェクト」という
受信した「MIDI情報」を「別の情報へ書き換える」装置をご紹介します。

「トランスフォーマーオブジェクト」を使用することで、
エンバイロメントの可能性が大きく広がります。

ここでは例として
「1つのフェーダーで複数項目のコントロール」と「ボタンのオン/オフ」を説明しています。

解説動画




        
  • Logic X
  • Logic 8/9

トランスフォーマーでMIDI信号を変換する

Logic X トランスフォーマー①_1

「トランスフォーマーオブジェクト」は、基本的にはLogic 9以前と変わらない為、
まずはLogic 9側の解説を見ていただければと思います。

トランスフォーマーオブジェクトの追加と配置

Logic x トランスフォーマー①_2

Logic 9と同様にエンバイロメントの【新規】→【トランスフォーマー】

Logic x トランスフォーマー①_3

トランスフォーマーオブジェクトが呼び出されました。

Logic x トランスフォーマー①_4

このように、トランスフォーマーに繋げただけでは、Volumeしか動かないので、特に変化がありません。

トランスフォーマーオブジェクトでMIDI情報を変更する

Logic x トランスフォーマー①_5

ここで、トランスフォーマーオブジェクトを使用して、
VolumeとEQのLow-Pass Filterを同時にコントロールしたいと思います。

Logic x トランスフォーマー①_6

トランスフォーマーオブジェクトをダブルクリックします。
デフォルトでは、何も変化がありません。

Logic x トランスフォーマー①_7

青枠の箇所を【フェーダー 2 29】に変更すると

Logic x トランスフォーマー①_8

このようにVolumeとEQのLow-Pass Filterが連動しました。

おまけ。より細かく設定する

フェーダーオブジェクトのスライダーを一番上に上げた時に、
Volumeを【0.0dB】にして尚かつLow-Pass Filterも完全に開いた状態にしたい。

Logic x トランスフォーマー①_9

まずは、フェーダーオブジェクトの範囲を【0 90】にします。
この段階では、フェーダーオブジェクトのスライダーを一番上にしても、
Low-Pass Filterは途中で止まってしまいます。

Logic x トランスフォーマー①_10

ここで、先程のトランスフォーマーオブジェクトのデータバイト2の操作側の設定を
【スルー】→【スケール】に変更しました。
また数値は【1.0000】→【1.4222】にします。

Logic x トランスフォーマー①_11

すると、綺麗に連動しました!
かなりマニアックですが、Volumeが0.0dBになったところで、
EQのLow-Pass Filterが完全に開くため、便利かと思います。

一度、試してみて下さい。

動画ポイント_トランスフォーマーの追加と配置

トランスフォーマーの追加

新規 → 「トランスフォーマー」を選択し追加を行ないます。

トランスフォーマー配置

このようにモニター同士に挟んで配置する形となります。

前のモニターは「トランスフォーマー」へ入る時のMIDI情報。
後ろモニターでは「トランスフォーマー」で変換された後のMIDI情報の確認が行なえます。

動画ポイント_トランスフォーマーの編集

「トランスフォーマー」をダブルクリックすると以下のウィンドウが現れます。

トランスフォーマーウィンドウ

難しそうに見えますが、実は単純です。

上が「トランスフォーマー」へ入ってきたMIDI情報で
下が変換し、外に出す情報です。

「スルー」というのは「そのまま」という意味で、
MIDI情報が変化を加えずに出力します。

逆方向

この部分からは様々な項目を選択することができますが、
「逆方向」はかなり使えます。

例として
「0〜127」までの値を「127〜0」と逆の働きをさせることができます。

ボタンのオンオフ逆方向

また動画では「On/Off」を逆方向にし、使いやすさを向上させています。

        
  • Logic X
  • Logic 8/9


Logic Pro