オーディオファイル読み込みの注意点 Cubase 使い方

Author: sleepfreaks

Cubase上で同じ名前のファイルは置き換わらない

制作中にかなり使用するのが、「オーディオファイルの読み込み」です。

「WavやMP3ファイル」をドラッグすることで、
簡単にCubaseプロジェクトへ取り込むことができます。

非常に便利なのですが、注意点があります。

「同じ名前のファイルは既存のオーディオファイルに置き換えられる」 
ということです。

Cubase オーディオファイル読み込みの注意点




Cubase オーディオ読み込みの解決方法

読み込み1-1

↑ 例えば「Vo.wav」というファイルがあり、
これをCubaseに取り込んだとします。

その後、気になる箇所が見つかり、
再度レコーディングし直しました。

ファイルの取り込み

↑ そのファイルの名前が上記と同じ「Vo.wav」だった場合、
プロジェクトへ読み込むと、
新しいものではなく以前のファイルが使用されてしまいます。


解決策_名前を変更する

非常にシンプルなのが、
素材の名前を変更して読み込むということです。

リネーム

↑ これで新ファイルとしてCubaseプロジェクトに取り込まれます。

解決策_プールより削除

上メニュー→「メディア」→「プールを開く」

ゴミ箱

↑ 既存のファイルをゴミ箱へドラッグし、
「右クリック」→「ゴミ箱を空に」

これで新しいオーディオファイルが読み込まれます。

新しいファイルをインポートしても以前のものが開いてしまうという方。
ほぼこの方法で解決できますので、是非試してみてください。