6. 和音と声部を入力する Finale

Author: sleepfreaks

FInaleで和音と声部を入力する

ピアノやギターなど、コード演奏ができる楽器の楽譜では、
和音を組み合わせたフレーズ表記があります。

「ステップ入力パレット」を使って、次の例を作ってみましょう。

1

ヘ音記号の段ですが、同じ1段の1小節の中に、
2つのラインが同居しているのが、わかりますか?

このラインのことを音楽用語で「声部」といいます。
(英語だとVoice)

2

Finaleの場合は、画像のとおり、
声部によって音符(休符)の色が違って入力されるので、一目瞭然です。

印刷された楽譜では、声部ごとに横のフレーズを判別して、
整理して考えてから入力する必要があります。

まず、上の声部を入力してみましょう。

3

1拍目の休符は、前回の通りです。
2拍目の和音ですが、ひとまず一つ音符を入力します。

45

同じ拍に重なるように、高さの違う音符を入力すると
自動的に符尾(棒)がまとめられて、和音となって入力されます。

《間違った方法》
6

4拍目の和音ですが、隣り合った(2度音程)の符頭(玉)があるので
楽譜上では、少しズレた表記になるのですが、
Finaleで入力する場合は、見た目通りの位置をクリックしても、
うまく入力できません。

《正しい方法》
78

これはあくまでも、同じ拍にある音ですので、
玉が重なるようにクリックする必要があるケースです。
入力後Finaleが自動的に判別して、
棒は共通ですが玉だけがズレた表記にしてくれます。

このように、まずは上の声部(黒色の声部)が完成しました。
まだこの段階では、声部が一つだけですので、
四分休符もデフォルトの高さで、
和音の符尾(棒)もすべて下向きになっています。

次に、下の声部の入力をします。
Finaleでは「レイヤー」という仕組みを使います。

9

編集中の楽譜ウィンド画面の左下に、レイヤーの切り替えがあります。
これまで「レイヤー1」が選択されていたのですが
これから、入力する声部の「レイヤー2」を選択します。

Windows

Windowsの場合は、ボタンで「レイヤー2」をクリック
Macの場合は、プルダウンのリストから「レイヤー2」を選びます。

10

レイヤー2の選択ができたら、そのまま同じように
入力するべき音符を、入れたい拍に合わせてクリックします。

11

下の声部が入力されたと同時に、
上の声部の休符の高さが変更され、符尾が自動的に上向きになります。

12

ちなみに、Finaleには「レイヤー4」まで用意されているので
最大このように4つの声部まで入力できます。
デフォルトで、

  • レイヤー1は「黒」
  • レイヤー2は「赤」
  • レイヤー3は「緑」
  • レイヤー4は「青」

となります