いきものがかり「ありがとう」コードアナライズ_5 ピボット・コード

Author: sleepfreaks

「ピボット・コード」について

いきものがかりの「ありがとう」のコードアナライズ第5弾です。
今回は、「ピボットコード」について解説いたします。

解説対象楽曲

jasrac

解説動画

1_キーの判別方法
2_コード進行
3_ノン・ダイアトニックコードについて
4_ツー・ファイブ
5_ピボット・コード(当記事となります)
6_ダブルドミナントとサブドミナントマイナー
7_分数コード(オン・コード)について



転調の「軸」となるピボット・コード

pivot_1

「ありがとう」サビの中盤に出てくるBm7(♭5)は、
CメジャーキーのダイアトニックコードではVIIのコードですが、
これは単独で使われることは稀で、次に繋がるE7との関係性が重要です。

chord_pad_Am

E7がAマイナーキーの「V(ドミナント)」と考えるとBm7(♭5)は「II(サブドミナント)」にあたり
前回お伝えした「ツー・ファイブ」の関係になっています。

続くAm7も、Cメジャーキーのダイアトニックコードにも含まれますが、
同時に、別のキーにも含まれる可能性を検討してみます。

pivot_2

直後のD7がドミナントになるキーを考えると、Gメジャーであることがわかります。

chord_pad_G

続くGメジャーコードが省略されていると考えると、D7がGメジャーキーの「V(ドミナント)」であり、
Am7は「II(サブドミナント)」にあたり、上記と同じく「ツー・ファイブ」の関係になっています。

前後の調で共通するコードを軸にして、転調(一時的な借用も含む)する方法がありますが、
この軸になる共通の和音を「ピボット・コード」といいます。
橋渡し役のコードで、鉄道路線の駅なら「乗り換え駅」というイメージです。

ピボットコードの例え

このようなピボット・コードを利用することで、前後の流れの中で極めて自然に、意識されないような転調(一時的な借用も含む)を演出することができます。