【無料】歌詞とMIDI入力だけで簡単に歌うボーカルシンセ「Alter/Ego」のボイスバンク「Marie Ork」Ver.2が無償配布中!

【無料】歌詞とMIDI入力だけで簡単に歌うボーカルシンセ「Alter/Ego」のボイスバンク「Marie Ork」Ver.2が無償配布中!

【無料】歌詞とMIDI入力だけで簡単に歌うボーカルシンセ「Alter/Ego」のボイスバンク「Marie Ork」Ver.2が無償配布中!

カナダのPlogue Art et Technologie社がリリースしているボーカル・シンセサイザー「Alter/Ego」のボイスバンク「Marie Ork」がバージョン2にアップデートされて、無償配布中です。

歌うシンセサイザーとしてすぐに思い浮かぶものとしては、YAMAHA社が開発した音声合成システム「VOCALOID(ボーカロイド)」とクリプトン・フューチャー・メディア社から発売されている「VOCALOID」に対応したボーカル音源「初音ミク」ではないでしょうか。
「Alter/Ego」もボーカロイドと同じカテゴリーに入ると思いますが、「VOCALOID」や「ボカロ」という名称は、YAMAHA社が保有する登録商標であるため、この製品を紹介する際は、ボーカルシンセとしておきます。

Alter-Ego-system

「Alter/Ego」は、ボーカルシンセ「CHIPSPEECH」の無償バージョンに当たります。
Mac/Windows、VST/AU/RTAS/AAXのプラグイン規格に対応しているため、主要DAWソフトで使用可能です。
言語は英語と日本語(ひらがな)に対応しており、ビブラート(モジュレーション)やエフェクトなども調整できるようですので、しっかりと使いこなすことさえできれば、なかなか面白いソフトだと思います。
ここでは、ダウンロード方法なども併せてご紹介いたします。
また、DTM関連のセールや新製品、フリー情報などを呟く弊社Twitterアカウント「@DTM_SALE」のフォローをしていただけると非常に嬉しいです。

ボーカルシンセサイザー「Alter Ego」DEMO

CHIPSPEECHについて

chipspeech
「CHIPSPEECH」は、往年の音声合成をエミュレートしたスピーチ・シンセサイザーです。
1961年に「IBM 704」コンピューターが「デイジー・ベル」を歌って以来、音声合成は飛躍的な進歩を遂げましたが、当時の音声合成チップは独特の癖や発音、そしてロボット感が強かったため、人々からあまり受け入れられませんでした。しかしながらこの独特なサウンドと制約ある性能は、「シンセサイザーを聴き慣れた耳」を持った人にはとても「音楽的に」響いたのです。
CHIPSPEECH には、約80種類もの音声合成チップのエミュレートによって造られた「8人のシンガー」が搭載されています。各シンガーは音楽的に使えるよう特別に調整されており、ユーザーが入力した歌詞(英語/日本語)を、MIDIキーボードで歌わせることができます。加えて、声質(性別感、年齢感など)やピッチ感、人数感、ヴィブラートやエクスプレッションも自由自在にコントロール可能。
CHIPSPEECH は、「音声合成」「シンセサイザー」「音楽性」全ての魅力を1つにした、唯一無二のスピーチ・シンセサイザーです。
出典:SONICWIRE

First computer to sing – Daisy Bell


(動画の1’05〜歌います)

Alter/Egoについて

daisy

「Alter/Ego」は、ホストシンセサイザーで、ボイスバンク(声素材)を必要とします。

当初、「Daisy」という可愛らしい女の子が登場していたようですが、彼女は2016年10月31日に引退?したそうで、
Alter/Egoのデフォルトボーカルとして「Marie Ork」「Bones」というキャラクターに置き換えられたようです。
Plogue Art et Technologie社に確認したところ、「私たちには、 “Daisy”のボイスバンクを配布する権利はありません。」という回答がありましたので、再配布は難しいのかもしれません。
また有料で「ALYS」というキャラクターもいるようです。

Marie-Ork-Bones

それでは、実際にダウンロード方法をご紹介致します。

Alter/Egoをダウンロードする

Alter-Ego-download-1

コチラ」から、ダウンロードページへいきます。
お使いのPCに合わせてインストーラーとボイスバンクをダウンロードします。必要であればユーザーガイドもダウンロードしておくと良いでしょう。

Alter-Ego-download-2

インストールを行います。基本的に続けると進めていきます。
インストールの途中にAAX/Audio Units/VSTという表記がでてきますが、こちらに関してはプラグイン規格となります。良く分からないという方は以下リンクからご確認ください。

Alter/EgoをDAWで起動する

Alter-Ego-download-3

あとはDAWで起動します。ここではLogic Pro X(AU音源)で立ち上げましたが、他のDAWソフトでも同様に、ソフトウェア音源(インストゥルメントトラック)から、「Plogue Art et Technologie>AlterEgo」と選択すればOKです。

Alter-Ego-download-4

このままでは歌声は鳴りませんので、一緒にダウンロードしたボイスバンクの「Bones.bank.xml」「Marie_Ork.bank.xml」をドラッグ&ドロップします。
この際、PCのパスワードを入力する場合があります。

Alter-Ego-download-5

するとこのように使用可能となります。

Alter-Ego-download-7

音声ライブラリには、通常のボイスや唸り声など様々な声のパターンがあるようです。

Alter-Ego-download-6

日本語や英語の入力に対応していますので、こちらから入力します。
後は、MIDIを打ち込んだりMIDIキーボードで演奏できます。

Alter-Ego-download-9

また、最初から言葉のプリセットも用意されています。
日本語という中には、どうしてこのチョイスが行われたのかが分からないものがいくつか用意されています(笑)

無料ですので、気になる方はこの機会に入手してみてはいかがでしょうか?
ダウンロードは「コチラ」から。

Marie Ork 2.0 for Plogue Alter/Ego – walkthrough




セール情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。