選択範囲を反転させ作業効率を大幅向上 Cubase 使い方

Author: sleepfreaks

範囲の反転で素早い編集を

楽曲編集で必ず行う「選択」 
何を編集するのか?その編集対象を選択する必要があります。

しかし、中には「選ばなければいけない対象が多すぎる」という場合もあります。

ここでは「反転」を利用した効率化を解説していきます。

選択の反転方法

選択範囲以外の選択

「赤囲み部分以外」を選択したいとします。
全部選んでいくのはとても大変そうです。

選択以外を選択

まず「選択したくない部分」を選択します。

選択の反転

右クリックを行い、
メニューから「選択」→「反転」を選びます。

選択結果

このように元々選択していた範囲と対象が入れ替わります 

イベントなどにも使用可能

MIDIノート以外に「イベント」に対しても同様の処理が可能です。

この反転にショートカットを割り当てておくのも良いでしょう。

ショートカット

「編集」→「選択を反転」より変更が可能です。


DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。