神々の指紋 クラドニプレートでロゴを作成する

Author: sleepfreaks

周波数により砂が移動して美しい形が浮かび上がる

みなさんは音の形を見たことがありますか?
ここでは周波数から様々な形を作ることができるクラドニプレート(Chladniplate)を実験していきます。

「神々の指紋」とも言われる幻想的なアート
ここで現れた形の中から、最も気に入ったものを弊社のサブロゴとして使用していきます。

クラドニプレート 実演動画



Sleepfreaks-Youtube-Top-Slider-100000
求人掲載


DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。






形ができる原理

クラドニプレート

スピーカーの上に鉄板を置き、OSCで作成された周波数(ここではサイン波)を流すことよって、鉄板が振動します。
この振動により、上に乗っている砂が移動し形が作られます。

48Hz-63Hz

48Hz-63Hz

64Hz

64Hz

410Hz-560Hz

410Hz-560Hz

950Hz-1220Hz

950Hz-1220Hz

1230Hz

1230Hz

1610Hz

1610Hz

1950Hz

1950Hz

2070Hz

2070Hz

2160Hz

2160Hz

2440Hz

2440Hz

2610Hz

2610Hz

3320Hz

3320Hz

3390Hz

3390Hz

3870Hz

3870Hz




迷いましたが、これら魅力的な形の中から「2600Hz」の形を採用することにしました。

2600Hz

デジタル化したものはこちらです。

2600Hz

今回はいつもと少し趣旨が違う企画となりましたが、このロゴを活用して新たなサービスを進めていきます。
ご期待ください!!




DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。