Doricoの使い方⑨ 発想記号を入力しよう

Author: sleepfreaks

様々な発想記号の入力方法

ここでは、アーティキュレーションや演奏技法などの発想記号の入力方法について解説していきます。
様々なメニューが用意され、またテキストでの入力も可能となっています。ぜひ楽譜作成に取り入れてみてください。

Dorico 発想記号の入力 動画

Steinberg製品 販売代理店
株式会社ヤマハミュージックジャパンコンテンツへのアクセス

dorico3

製品ページ : https://japan.steinberg.net/jp/products/dorico/what_is_dorico.html

アーティキュレーションの入力

Dorico9_1

アーティキュレーションを付けたい音符を選択して、左パネルから目的の記号を選択します。
2つの列に並んでいるものは、右の列から、何れかひとつ、左の列からも何れかひとつと、アーティキュレーションを組み合わせることが可能です。

Dorico9_2

上記のショートカットでも入力可能です。よく使われるものは、覚えておくと便利です。

演奏技法の入力

Dorico9_3

演奏技法を表記したい音符を選択して、右パネルの「演奏技法」を開きます。
あらかじめ楽器ごとに分類された、さまざまな演奏技法が登録されているので、その中から目的のものを選択します。

Dorico9_4

もうひとつの方法として、演奏技法を表記したい音符を選択し、「記譜」メニュー→演奏技法を作成(ショートカットで「Shift+P」)を選ぶと演奏技法入力のホップオーバーが表示されます。

Dorico9_5

例えば「stra」とタイプすることで、リストの中に「straight mute」が候補として絞り込まれてきますので、ここから選択することもできます。

Dorico9_6

画面下部の「プロパティーパネル」の演奏技法の位置で、五線の上や下に切り替えることが可能です。

Dorico9_7

右パネルの「ライン」を組み合わせて、奏法の範囲の指定なども可能です。
ここでは、水平の右下フックのラインを選択して、一旦配置します。

Dorico9_8

見栄えを整えるため「浄書」モードに切り替えて、ラインの位置を微調整して仕上げます。

テキストの入力

Dorico9_9

テキストを表記したい音符を選択して、右パネルの「テキスト」を選択します。

Dorico9_10

あるいは、テキストを表記したい音符を選択して、「記譜」メニュー→テキストを作成→デフォルトのテキスト(ショートカットで「Shift+X」)を選ぶとテキスト入力のモードとなります。

Dorico9_11

入力したテキストは、テキストモードのパネルから、フォント、サイズ、スタイルなど、さまざまな書式指定が可能です。

Steinberg製品 販売代理店
株式会社ヤマハミュージックジャパンコンテンツへのアクセス

dorico3

製品ページ : https://japan.steinberg.net/jp/products/dorico/what_is_dorico.html




DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。