Doricoの使い方⑩ レイアウトを変更しよう

Author: sleepfreaks

レイアウトを整えて楽譜の見栄えアップ

今回は記譜から一歩進んで、レイアウトの変更について解説します。
サイズや位置、テキストなど調整することで楽譜がより一層美しく、見やすいものとなります。ぜひ習得し、ご自身の楽譜に適用してみてください。

Dorico レイアウトの変更 動画

Steinberg製品 販売代理店
株式会社ヤマハミュージックジャパンコンテンツへのアクセス

dorico3

製品ページ : https://japan.steinberg.net/jp/products/dorico/what_is_dorico.html

楽譜のサイズを変更する

Dorico10_1

「設定」モードに切り替え
「設定」メニュー→レイアウトオプション(ショートカットで Mac「Shift+Command+L」Windows「Shift+Control+L」)を開きます。

Dorico10_2

「ページ設定」から、ページのサイズ(用紙のサイズ)や、線間の高さ(五線のサイズ)などを変更することができます。
ここでは、ページサイズを「B4」サイズの、五線サイズを「7mm」に変更してみました。

Dorico10_3

ページ設定内の項目で、ページ余白の変更も可能です。ここでは左の余白を50mmに変更してみました。

組段の設定

Dorico10_4

「譜表と組段」の「譜表ラベル」を「なし」にすることで、楽器名の表記を隠すこともできます。
ここでは、最初の組段、2段目以降の組段どちらも「なし」で設定してみました。

Dorico10_5

「組段の分割記号」を選択することで、組段をセパレートする記号を配置できます。

Dorico10_6

「配置設定」で、組段あたりの小節数を変更可能です。ここでは、一段あたり4小節に変更してみました。

タイトルの入力や、グラフィックの挿入

Dorico10_7

タイトル、作家名などはテキストで直接記入することもできますが、「プロジェクト情報」を使用すると便利です。
「ファイル」メニュー→プロジェクト情報(ショートカットで Mac「Commnad+I」Windows「Control+I」)を開きます。
ここで、タイトルやサブタイトル、作曲者名などを設定しておき、トークン機能によってテキストに反映させることができます。

Dorico10_8

トークンの挿入は、右クリックで目的の項目を選択することができます。

Dorico10_9

トークン機能のテキスト表示によって、プロジェクト情報内の項目を変更することで、テキストにも反映されます。
ここではタイトルを日本語に変更してみました。

Dorico10_10

テキスト等の位置を変更するには、
「浄書」モードに切り替え
左パネルにある「フレーム」を選択し、緑色のフレームをドラッグすることで位置を変更できます。

Dorico10_11

新たなテキストを追加するには、文字フレームを選択して、追加したい位置でドラッグして、フレームを作成します。
フレームをダブルクリックすることで、テキストやトークンを挿入することができます。

Dorico10_12

グラフィックフレームで、グラフィックを配置することもできます。文字のときと同様に、配置したい位置でドラッグしてピンクのフレームを作成後、フレームをダブルクリックし、グラフィックのファイルを選択することで、配置が可能です。

Dorico10_13

テキストやトークン機能で、ヘッダーやフッターなども便利になります。ここでは、パート譜共通のフッターを作成してみます。
「浄書」モードでマスターページの項目から現在のセット→「デフォルトのパート譜」、さらにマスターページの「最初」をダブルクリックして、マスターページの編集画面を表示させます。

Dorico10_14

ここでは、フッターのテキストを「タイトル/ページ番号」という組み合わせで、トークンを使って指定しました。
設定したら「適用」しましょう。

Dorico10_15

フッターが変更されました。他のパート譜も表示すると、すべて同じフッターが設定されていることが確認できます。

Dorico10_16

同じように、フッターにフレームでグラフィックを配置して、サイズや位置を変更することも可能です。

Dorico10_17

このように、すべてのパート譜共通のグラフィックも配置できます。

譜表と音符のスペーシング

Dorico10_18

段や組段の位置を調整してみます。
「浄書」モードで、左パネルから「譜表のスペーシング」を選択します。

Dorico10_19

各段、あるいは組段の左端に四角のハンドルが表示されますので、ハンドルを上下にドラッグすることで、段や組段間の垂直位置のスペーシングを調整することができます。
手動で調整したところは、赤のラインやハンドルで表示されます。

Dorico10_20

変更した譜表のスペーシングをリセットするには、「浄書」メニュー→「譜表のスペーシング」から各種リセットを選択します。ここでは「選択した組段をリセット」としました。

Dorico10_21

音符のスペーシングも調整してみましょう。
左パネルから「音符のスペーシング」を選択すると、各音符に四角のハンドルと点線が表示されます。

Dorico10_22

目的の音符のハンドルを選択して、MacならOption、WindowsならAltキーを押しながら、パソコンの左右の矢印キーをクリックすることで、音符の左右位置や音符と音符の間隔(スペーシング)が変更可能です。
譜表の調整と同様に、手動で変更したところは、赤色で表示されます。

Dorico10_23

変更した音符のスペーシングをリセットするには「浄書」メニュー→「音符のスペーシング」から各種リセットを選択します。
ここでは「選択した組段をリセット」しました。




DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。