DTM初心者のための音楽制作 機材選び デスクトップとノートパソコン 

Author: sleepfreaks

使用環境を考慮する

「Mac or Windows」を決定した後に、訪れる選択肢として

デスクトップノートブック

「デスクトップ」or 「ノート」という項目があります。

やはり大きいデスクトップの方が性能は高いのでは?と思われる方も多いかもしれません。
しかし、現在はノートパソコンでもかなり性能が良く、快適に音楽制作を行うことができます。

そのため「使用目的と作業環境」これが一番大切です。

デスクトップの特徴

デスクトップ

  • 複数のモニターを使用できる
  • 新たに機能を拡張しやすい(メモリ/HDDなど)
  • 紛失、破損などのリスクが少ない(持ち運びしないため)

ノートの特徴

ノートブック

  • 持ち運びが可能。ライブでの使用やスタジオレコーディングも可能
  • 音楽制作以外でも自宅以外で活躍する

やはり「外に持ち運んで作業するか?」ほぼこの点に焦点が置かれます。

もし今は無いけれど、
スタジオにノートを持ち込んでレコーディングしたい。
DJをやりたい。という方には迷わずノートをお勧めします。

マンツーマンでの機材アドバイス

「インターネットレッスン」では、
Sleepfreaks講師が「完全マンツーマンの機材アドバイス」を行なわせていただきます。

ヒアリングを通し、
生徒様のジャンル/スタイルに合わせた最適機材をアドバイスさせていただきます。

まだDTM機材をお持ちでない方も安心して受講していただけます。