Session Horns Pro 2 奏法の打ち込み

Author: sleepfreaks

Session Hornsの上位機種

前項の追加機能をお伝えした後は、
実際にフレーズを例にそのコントロール方法を解説していきます。

NI Session Horns Pro-1

通常の「Session Horns」に比べて、
サウンド、演奏表現、コントロールなど明らかな違いを体感していただけるかと思います。

これらを駆使し、リアルなブラスサウンドを作成してみてください。

Session Horns解説動画へアクセス


  1. 1基本機能と音作り
  2. 2打ち込みテクニック
  3. 3Session Horns Pro 追加機能と概念
  4. 4Session Horns Pro 2 奏法の打ち込み *当記事となります
製品のご購入

通常版のKompleteへ更に音源を追加した完全版です。
よりリアルで豊富な生楽器音源、シンセ、エフェクトなど。
最初から完全な状態で制作を始めたいという方へオススメいたします。

奏法のベロシティコントロール

NI Session Horns Pro

「Doits」や「Falls」などの奏法は、
「ベロシティ」を変化させることで、音程変化スピードを決めることが可能です。

Doits/Fallsに繋げられない奏法

「Session Horns Pro」の奏法の中には、
「Doits/Falls」に繋げられない奏法があります。

Session Horns Pro_Doits_Falls

把握をお願いします。

キースイッチによる奏法のコントロール

キースイッチ

「Session Horns Pro」の魅力は「キースイッチ」の強化です。
様々な奏法をキースイッチにより簡単に切り替えることが可能です。

Doits / Fallsの速度について

Session Horns Pro_2_Doits

ピッチベンドを上にあげるとDoitsの効果が得られますが、
Session Horns Proでは、
(Quick、Slower)2段階のスピード調整が可能です。

Session Horns Pro_Falls

ピッチベンドを下にさげるとFallsの効果が得られますが、
Session Horns Proでは、
(Quick、Slower、The Slowest)3段階のスピード調整が可能です。

製品のご購入

通常版のKompleteへ更に音源を追加した完全版です。
よりリアルで豊富な生楽器音源、シンセ、エフェクトなど。
最初から完全な状態で制作を始めたいという方へオススメいたします。