四和音(セブンス、テトラッド)のコード メジャーセブンス編/音楽理論講座

Author: sleepfreaks

3和音に続いて4和音(テトラッド、セブンス)のコードを把握する

今回は、4和音(テトラッド、セブンス)のコードについて学んでいきます。
セブンスという呼び方が、一般的なため、以降はセブンスと表記していきます。

前項まで解説している「3和音のコード」をご理解いただけていますと、
この4和音のコードはすぐに作ることができます。

まずは、メジャーセブンスから進めていきます。
サウンドを確認してみましょう。

コードの構成音を鳴らした後に、コードが鳴ります。

次にCメジャーコードを聴いた後、Cメジャーセブンスを聴いてみましょう。

C7th



メジャーコードは、突き抜けた、明るい印象を受けます。
それに対し、メジャーセブンスは、明るさの中に切さもある、複雑な響きですね。

4和音のコードは、3和音に比べ響きが豊かで、大人っぽいお洒落な印象を受けます。
✳︎4和音が3和音に対し、優れているということではありません。

楽曲の中で、どのように表現したいか?
これによって使い分けていくことが大切です。

まずメジャーセブンスはこのように表記されることが多いです。

c7th

一般的なものは

  • Cメジャーセブンスなら=Cmaj7
  • Dメジャーセブンスなら=Dmaj7

あたりの表記でしょうか。
Cmaj7を、譜面とピアノロールでそれぞれ確認してみましょう。

Cmaj7-1

Cmaj7-2

ここで何か気がつきましたでしょうか?

そうです。途中までCメジャーコードとなっています。
大切な部分は、既に学んでいるのです。

C-M7-2

C-M7-1

お馴染みの、インターバルを用意して、
どのように作られているか確認してみましょう。

C-M7-inter-1

C-M7-inter-2

途中まではメジャーコードですので、
R/M3rd/P5th(1/3/5)ですね。

一番上の残った音はどうでしょうか。右に伸ばしてみましょう。

C-M7-inter-3

ルート音に、M3rd,P5th,M7thを重ねることで、
メジャーセブンスコードの基本形になりますね。

これをスケールディグリーでも確認してみましょう。

C-M7-inter-4

ここまでをまとめると、メジャーセブンスコードの基本形。

インターバルで覚えるなら

  • R M3rd P5th M7th

スケールディグリーで覚えるなら

  • 1 3 5 7

となります。





インターバルを逆から確認する

上記までと同じ発想で、「Dメジャーセブンスコード」の基本形を作り上げてみましょう。
ここで1つテクニックをご紹介します。

M7thの音はルートから遠いですよね?
これにより、数え間違えてしまうこともあります。

こんな時は「逆転の発想」を使ってみましょう。
M7th(7)はルートの音とどのような関係かに注目してみるということです。

よく考えると「M7th」の音はルートの半音下の音ではありませんか?

root-1

Cmaj7の構成音の場合、
BはC(ルート)の半音下の音と同じBです。

Dメジャーセブンスコードへ話を戻し、
Dメジャー(トライアド)まで作ることができたなら
Dの半音下の音を付け加えるだけでDメジャーセブンスコードはできるはずです。

d-maj-1

d-maj-2

このことを知っていれば、メジャートライアドが作れれば、メジャーセブンスコードは
すぐに作り上げることができますね。

次回はこの調子で、マイナーセブンスコードを確認していきましょう。



記事の担当 伊藤 和馬/ Kazuma Itoh

講師 伊藤
18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。 バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
その技術を活かし、POPSから映像音楽まで、幅広い作曲活動を行っている。

講師の作品

  1. 講師_伊藤のプロフィールを読む