アボイド・ノート(回避音) ②/音楽理論講座

Author: sleepfreaks

IIm(IIm7)のアボイド・ノートについて

今回は、再びアボイド・ノートに話題を戻しましょう。
前回学んだツー・ファイブの進行を踏まえ、メジャーダイアトニックコードの2つ目のコードにおける
アボイド・ノートの考え方について、解き明かしていきます。

avoid_note

こちらについては、大きく分けて2つの考え方があります。



ツー・ファイブ進行との関係で捉える考え方

まずは改めて、前々回に使用したアボイド・ノートの見つけ方
「コードの構成音に対して”半音上”の関係にあるスケール音」を用いて、
IIm7をチェックしてみましょう。

IIm7

これだけを見ると、IVmaj7と同様にアボイド・ノートはないように思えますね。

ではここで、Dm7にコードトーン以外の音(E、G、B)を混ぜたものを、聞いてみて下さい。

  • Dm7 + E
  • Dm7 + G
  • Dm7 + B

それぞれ響きが複雑になりますが、中でも、
Bを混ぜたものは強い緊張感を持っているように感じますね。

その理由は、3rdの音(m3rdのF)とBがトライトーンになっているからです。

IIm7b_tritone

第30回で触れましたが、トライトーンにはV7(ドミナントコード)の緊張感を高める効果があり、
トニックへ戻る力をより強くするということでした。

この点を踏まえながら、前回のツー・ファイブ・ワンの進行を思い出して下さい。

  • IIm7 → V7 → I
    Key=Cメジャー Dm7 → G7 → C

強進行、かつトライトーンを含んだV7からトニックへの流れが、
力強いコード進行を形成していましたね。

これに対し、IIm7にBを目立つように混ぜてみるとどうなるでしょうか。

  • Dm7にBを目立つように混ぜたもの → V7 → I

ツー・ファイブ・ワンの流れの強さが、少し削がれた感じがしませんか?

前々回に、アボイド・ノートの定義の一つとして「本来のコード機能を損なわせる可能性がある音」
と示しましたが、これはその典型と言えます。

IIの時点でトライトーンによる緊張感が生まれてしまうと、
V7の”ネタバレ”のような状態になってしまうのです。

このようにドミナントコードの特徴でもあるトライトーンを他のコード上で目立たせてしまうと、
ドミナントコードを強調できなくなってしまう
ので、避けたほうが良いというのが一つ目の考え方です。

ちなみに、Fmaj7にBを混ぜた場合、ルートとトライトーンの関係になりますが、
アボイド・ノートとはされていません。
これはコード内の3rd(M3rdのA)に対するトライトーンではないため、という考えに基づいています。

  • Fmaj7にBを目立つように混ぜたもの → V7 → I

こちらも特徴的な音ではありますが、Dm7+Bよりはドミナント感が
薄いと感じられたかもしれません。

V7に含まれるトライトーンは3rdを含むものなので、
特にドミナントとしての印象が強いと捉えることもできます。

ドミナント・コードV7の効果を薄めないよう、3rdのトライトーンは他での使用を避けましょう、
というところで一線を引いてあると考えられます。





「IIm(IIm7)のアボイド・ノートはない」とする考え方

もう一つの考え方は、特徴的な音として意図的に使用している曲・技法・ジャンルは存在するので、
シンプルにアボイドとしないという考え方です。

とはいえ、特徴的であることに変わりはないので、ケア・ノート(注意深く使用すべき音)
とも呼ばれたりします。
いずれにしても、最初は無理に目立たせて使用しない方が無難と言えるでしょう。

care_note-1

アボイド・ノートとの付き合い方

メロディーとコードを解析する中で、積極的にアボイド・ノートやケア・ノート
を使っている例を見つけることも多々あると思います。

その際は、なぜそれがカッコよく聴こえたか、心地よく聞こえたかについても、考察してみましょう。

  • 非常に離れた位置(2~3オクターブ)で使用していたから?
  • その音を特徴的に取り入れているフレーズ、ジャンルだから?
  • その音を目立たせる方が雰囲気が出るから?
  • 他のコードの様に聞かせて曖昧なサウンドにしたかったから?

以前も触れたように、アボイド・ノートは絶対に使ってはいけない音ではなく、
またその扱いも、時代や新たなジャンルの登場によって変化しています。

アボイド・ノートは、回避音と言うよりは、取扱注意の音と言えるかもしれませんね。



記事の担当 伊藤 和馬/ Kazuma Itoh

講師 伊藤
18歳で渡米し、奨学金オーディションに合格後、ボストンのバークリー音楽大学で4年間作曲編曲を学ぶ。 バークリー音楽大学、現代音楽作曲学部、音楽大学課程を修了。
その技術を活かし、POPSから映像音楽まで、幅広い作曲活動を行っている。

講師の作品

  1. 講師_伊藤のプロフィールを読む