スケール機能で音程を絞り込む KORG Gadgetの使い方

Author: sleepfreaks

楽曲で使える音程を絞り込むことができる便利機能

Scale

キーボードには全12種類の音程が並んでいます。
1曲の中で全ての音程を使用することは非常に稀で、多くの場合は使用する(曲に合う)音程が決まっています。
これら音程の組み合わせを「スケール」と呼びます。

例えば明るい曲ならメジャースケール、暗く切ない曲ならマイナースケールという形で、選択するスケールによって楽曲の印象が変わります。

KORG Gadgetはこのスケールを指定し、スケール内で使用する音程を表示する機能が備わっています。
楽器経験や音楽理論の知識がない方でも、簡単に楽曲に適したフレーズを作成できるでしょう。

方法は非常に簡単です。

Scale

ガジェットに配置されている「SCALE」をクリックします。

Scale-1

  • Scale Type : スケールの種類を選択します
  • Key : 楽曲のキーを指定します

Scale-2

ここでは「Aeolianスケール(ナチュラルマイナー)」で「Aキー」を選択しました。
決定した構成音に合わせてガジェットの鍵盤も変化します。


Scale On

ピアノロールにもこのスケール機能を適用可能です。
左下のメニューをクリックし「Scale On」にすることで、ピアノロール状の鍵盤もスケール構成音に変化します。

あとは、音程を打ち込んでいくことで、適切な音程を打つことができるという仕組みとなっています。
非常に便利な機能ですね!!

スケールを含めた音楽理論に関しては下記のシリーズで詳しく解説しています。
ご興味がある方は是非ご確認ください。