3. iMaschine スケール/コード/アルペジオ機能

Author: sleepfreaks

楽曲を彩る魅力的な演奏機能

iMaschineは、作曲/アレンジに磨きをかけるための演奏機能が充実しています。

「スケール/コード機能」は細かな音楽理論の知識がなくても、音程を自動でコントロールしてくれます。
「アルペジオ機能」では、シンセサイザーの定番手法を簡単に再現することが可能です。

これらの機能を組み合わせることで、手軽に高度な楽曲制作を楽しむことができます。

iMaschine動画


スケール機能

スケール

スケール機能は鍵盤に指定した音程を表示させ、演奏することができる機能です。
キーやスケールが苦手という方でも、簡単に演奏を行うことができます。

「Scale」をタップし、楽曲キーと希望のスケールを指定するだけです。
鍵盤上部のライトで適切な音程を示唆してくれます。
もし、間違った音程を押してしまった場合も、自動的に適切な音程に置き換えて再生されます。

初心者の方は、全音程楽器を同一のキー/スケールにしておくと、
音程を外すことなくフレージングを行えるという仕組みです。

コード機能

コード機能

1つの鍵盤を押すだけで、和音を演奏することができる機能で、
上記スケールで指定した音程でコードが形成されるのが特徴です。
これにより、楽曲にあった適切なコードを演奏することができます。

「Chord」をタップし「Harmonizer」を選択します。
右に書かれている数字は、音程を表しています。

「1-3-5」の場合「1度(押した鍵盤の音程)」に対して「3度、5度」といった形で
音程が積み重なり、コードが再生されます。

様々な組み合わせがありますので、音を出しながら試してみてください。

アルペジオ機能

アルペジオ機能-1

アルペジオはコードを分散させて演奏するテクニックです。
この機能では、上記のスケールとコードで指定した音程でアルペジオを演奏してくれます。

左の赤く囲んだ部分からアルペジオモードへ入ります。

  • 青 : アルペジオの演奏速度を音符で指定します。
    オーソドックスなアルペジオは「1/16」で演奏させます。「OFF」の場合、アルペジオ自体の効果が出ません。
  • 黄 : アルペジオで演奏される音程の幅を指定します。
    数字が大きくなるほど、幅広い音程で演奏されるため、派手な印象となります。
  • 緑 : アルペジオの動きを指定します。音程が上がっていくもの、下がっていくもの、上がって下がっていくもの
    など様々なバリエーションがあります。