トラックプリセットを使用する Cubase 使い方

Author: sleepfreaks

エフェクター設定やソフトシンセ音色をすぐに呼び出せる

Preset

楽曲制作を行っていると、
よく使用する「エフェクト」「ソフトシンセ」「設定」などが決まってきます。

それらを毎回設定していくのは、なかなか骨が折れる作業です。
その手間を解消してくれるのがトラックプリセット機能です。

よく使用する設定、音色を保存しておき、別トラックや別楽曲で使用する事ができます。

なおCubase8からご自身で使用するプラグインを整理、表示させることができます。

トラックプリセット作成動画

※3:43秒〜の解説となります



Cubase トラックプリセットの保存方法

トラックプリセット

↑ インスペクタウィンドウで
よく使用するエフェクトやソフトシンセを立ち上げます。
エフェクトのツマミ位置、ソフトシンセ音色も保存されます

設定を好みで整えた後、赤囲み部分をクリックします。
メニューから「トラックプリセットを保存」を選択します。

トラックプリセットを保存

↑ 任意の名前をつけ「OK」を押します。
ここでは「Guitar」という名前で進めます。

これで保存はOKです。


トラックプリセットの補足

トラックプリセットが増えてくるとどうしても、管理がしづらいくなる場合があります。

トラックプリセットのカテゴリー

保存を行う際に、赤囲み部分をクリックし、

メタデータ

表示される詳細データを埋めておくことで、後の検索が楽になります。

トラックプリセットの使用

プリセットの呼び出し

↑ 新規トラックを作成し、インスペクタ部分の赤囲みをクリックします。
メニューの「トラックプリセットを読み込む」をクリックします。

階層の表示

↑ ダイアログの左下部分をクリックし、
「検索先の階層」へチェックを入れます。

ユーザープリセット

↑ 「ユーザーコンテンツ」の中にプリセットが保存されています。
ダブルクリックで適用が可能です。

プリセット読み込み後

↑ この様にトラックが完全再現されます。


エフェクトのみの保存と読み込み

エフェクトのみの保存も可能で、
よく使用するエフェクトの組み合わせを素早く呼び出せます。

エフェクト内容をエディットせずに、ただ立ち上げた状態(初期状態)にしておくことで
各トラックごとに柔軟を設定が行えます。特にMIX時にオススメです。

エフェクトの保存

↑ 好みのプラグインを立ち上げ、赤囲み部分をクリックします。
メニューから「チェーンプリセットの保存」を選択します。

プリセットの保存

↑ 任意のプリセット名をつけて「OK」を押します。
ここでは「My-Effect」と名前をつけました。

これで保存はOKです。

エフェクトの読み込み

↑ 赤囲み部分をクリックし、
メニューから「チェーンプリセットの読み込み」を選択します。

保存後の呼び出し

保存したものを「ダブルクリック」で呼び出すだけです。