5_センドリターンで「リバーブ」を共有 _CUBASE

Author: sleepfreaks

リバーブはCPUの負荷が高い

Reverb

リバーブはプラグインの中でもCPUの負担が高いものです。

全トラックのインサートへ適用すると、
再生が止る、パソコンの動作が重いという症状が起こる可能性もあります。

そこで活躍するのがこの「センドリターン」です。
この方法は「1つのリバーブ」を各トラックで共有するというものです。

センドリターンを使用するメリット

  • 上記で説明したようにCPUの節約になる
  • 1つのリバーブを共有するので、楽曲に統一感がでる
  • リバーブのON OFFが容易(1つのリバーブをミュートするのみ)

センドリターンの解説

ここではセンドリターンがどのように行われているのか?
その仕組みを把握することができます。


Cubase センドリターン設定方法

解説は2:10秒〜となります。


※ここではCubase7を使用していますが、全Verで同様の設定となります

センドリターン設定手順

FXチャンネル

写真の様にプロジェクトメニューから「FXチャンネルトラック」を作成します。

FX チャンネルトラック

FXチャンネルトラックにリバーブを設定します。

Reverb

リバーブをかけたいトラックの「Sends」へアクセスします。
スロットをクリックすると、上記で作成した「FXチャンネルトラック」が表示されます。

適用

「センド」のスイッチを入れ、点灯させます。
スライダーでリバーブの深さを調整します。

※このリバーブを他トラックでも同様に使い回すことができます。