情報ラインを使用し作業を効率化する Cubase 使い方

Author: sleepfreaks

イベントやノートを一斉に操作可能

情報ライン

Cubaseの大きな特徴である「情報ライン」
これを使用することで、より素早くイベント、ノートを編集することができます。

また「イベント名」や「オートメーションの数字」を編集する際にも使用可能です。
ここでは、その概要と実用例を確認していきましょう。

解説動画




情報ラインを表示する

情報ラインの表示

この情報ラインが表示されていない場合、
左上部のアイコンをクリックし「情報ライン」へチェックを入れます。

操作概念

記事冒頭でも記載していますが、
情報ラインは複数のイベント、ノートを対象とすることが可能です。

情報ラインの複数表示

複数の項目が選択されている場合、情報値がオレンジ色に変化します。

この場合、最初に選択したイベント、ノートの値が表示されています。
数字を変更することで、他イベント、ノートも相対的に値が変更されます。

全てを同じ値にする場合は
ダブルクリック後に数字を入力した後

  • Mac : Commandキー
  • Windows : Controlキー

を押しながら数字を確定します。
これにより指定した数字で項目が統一されます。

その他にも、

オートメーション

オートメーションの値を正確に指定する。

イベント名

イベント名を設定し直すことが可能です。