18. スラーを入力する Finale

Author: sleepfreaks

Finaleでスラーを入力する

「スラー」は、楽譜で使われる、曲線、弧のような形状の記号です。

「タイ」とよく似ていますが、「タイ」は同じ高さの音符を繋ぐもので
「スラー」は、フレーズの塊を示して、滑らかにスムーズに演奏する意味となります。

スラーとタイ

DAWですと、デュレーションとエクスプレッションやボリュームカーブの変化を組み合わせて、
コントロールしますが、Finaleでは、このスラーの記号を「変形図形」として扱っています。

スラーをつける

メイン・ツール・パレット

「メイン・ツール・パレット」より「変形図形ツール」を選択します。

変形図形パレット

「変形図形パレット」より「スラー・ツール」を選択します。
(あるいは、別のツールが選ばれていても、
キーボード・ショートカット「S」を押している間は「スラー・ツール」になります。
以降の操作では「S」キーを押したまま操作してください。)

変形パレット表示

もし「変形図形パレット」が、表示されていないときには、
メニュー・バー「ウィンドウ」→「変形図形パレット」を選択してください。

1

スラーを書きたい始点でダブルクリック、
音符が「反転」表示されますので、クリックを維持したままにします。

2

そのまま押さえた状態で、
終点の音符位置まで「ドラッグ」、反転表示されたところで、クリックを離します。

3

コツは、始点と終点の音符が反転表示されるように狙って、クリックとドラッグをすることです。
実際の図形を描くイメージではなく、確実に音符に重なるように操作してください。
後は、Finaleが自動的にスラーの形を調整してくれます。

スラーの方向を変える

歌のフレーズにつけるスラーは、歌詞がある場合、
下側ですと、スペース的に邪魔ですので、上側に向けることが、よくあります。

4

スラーの弧の中央に表示される□のハンドルで、右クリック(あるいは、Control+クリック)で、
表示されるメニュー→「方向」→「反転」を選びます。(あるいは、ここでは、上向き)

5

スラーの方向が、反転されました。
ちなみに、スラーを選択した状態で、ショートカット・キー「F」で、一発で反転できます。

隣の音符までの短いスラーをつける

6

すぐ隣までの、短いスラーをつけるときは
始点の音符をダブルクリックして、クリックを維持することなく、すぐにクリックを離してしまえば、
すばやく次の音符までのスラーがつけられます。

スラーの形を微調整する

7

スラー中央の□のハンドルをクリックすると、取り囲むように◇が表示されます。
□のハンドルが表示されていない場合は「変形図形ツール」を選択してください。

8

◇にカーソルをあてると、カーソルの形が変わりますので
◇をクリックしたまま、上下にドラッグすると、スラーの弧のふくらみを変更できます。