M/S処理で音圧と広がりをアップ

Author: sleepfreaks

MSについて

楽曲は基本的に中央(センター)に音が集まります。
このため、サイド(L,R)の音はセンターに比べ小さくなります

サイド音量を上げようと、リミッターやマキシマイザーを適用したとしても
当然、音が大きい中央(センター)部分が先に引っかかってしまい思うようにコントロールできません。

この症状を最適化できるのが「MS処理」です。

まずはBefore、Afterを聴き比べてみてください。

「MS処理前」

「MS処理後」

「MS処理後」の方が広がり、音圧感が大きいと思います。

この「M/S処理」は少し上級向けテクニックですが、
ソフト別で解説していきますし、フリープラグインもご紹介していきます。

それではいってみましょう。

MSの原理について

音とは不思議なもので、
全く同じ波形を用意し、片側の波形をインバートすることで無音になります。

インバート

インバートに関しては以下記事をお読みください。

波形をインバートさせ音を整える

またこの後、「インバート」は頻繁に使用しますので復習をお願いします。

この現象を利用し、
「L」「R」の音を抜き取り、個別に処理するというのが「MS処理」です。

それではソフト別解説を見てみましょう。

波形反転でMS処理を行う

レッスンではこのような事も習得できます

  • MS処理のテクニック
  • MSを自然に聴かせる微調整
  • MSへのイコライザーや音圧調整