コンプレッサー基礎編_なぜ音圧が上がるのか?

Author: sleepfreaks

コンプレッサーによる音圧

「コンプレッサーで音圧を上げる」
よく耳にする言葉です。

前項で「スレッショルド」と「レシオ」を理解したことろで
この「音圧」について触れておきます。

音圧が高いということは「音量が大きい」ということですが、
DTMではフェーダー「0」を超えると音が割れます。

フェーダー

↑ ここの位置以上の音量のことです。

ということは。

プロでもアマチュアでも平等に
「使用できる音量の上限が決まっている」訳です。

では何が違うのか??

「音の密度」です。

2つの写真とサウンドを確認してみてください。

音圧2

いかがでしょうか?
どちらも音が割れる「0」限界まで波形を上げたものです。

後者の方が大きく聴こえたはずです。

写真を見てみると

アタック部分の音量は変わりませんが、
明らかに波形の空白部分が異なります

この波形面積が音圧を左右します。

これを踏まえコンプレッサーに話を戻します。

音圧アップの仕組み

「元波形」
コンプ前波形

↑ このような波形があったとしましょう。

「ボリュームアップ後」
音量を上げる-1


音を大きくしたいため、音が割れる「0」ギリギリまで波形を上げるとこうなります。
緑部分がボリュームを上げたことにより増えた音量です。

これに「コンプレッサー」を適用し、
波形の大きな部分を圧縮します。

「コンプレッサー適用後」
コンプレッサー後-1

↑ このようになります。赤マル部分が圧縮された箇所です。

音が割れる「0」ラインまで、
かなりの余裕ができました。

これを再度「0」ギリギリまで持ち上げると。

「コンプレッサー適用+ボリュームアップ」
コンプレッサー後 ボリュームアップ

↑ さらに緑部分が増え、
「空白部分」が少なくなり、「波形面積」が大きくなっています。

これが音圧が上がったという状態です。

次回はコンプレッサーをさらにコントロールするため
「アタック」を解説してきます!!

レッスンではこのような事も習得できます

  • コンプレッサーの各ツマミの基本説明と設定の徹底解説
  • トラックに合わせたコンプレッサー応用テクニック
  • コンプレッサーによる音圧上げとマスタリングでの使用