3_EXS24 アーティキュレーションの切り替え

Author: sleepfreaks

EXS24音源の演奏法をコントロールする

EXS24

Logic付属の「EXS24」には、
読み込んだ楽器の演奏表現を切り替える機能が備わっています。

楽器にはそれぞれ特有の演奏法があり、
楽曲中に取り入れることで、よりリアルな打ち込みを行うことができます。

ここではこの部分を中心に解説を進めていきます。

EXS24 動画アクセス


  1. 1サンプル読み込みと配置
  2. 2サンプルの調整
  3. 3アーティキュレーションの切り替え(当ページとなります)

鍵盤に配置されている奏法を組み合わせる

EXS24-1

ESX24は楽器によって、様々なアーティキュレーションが組み込まれています。
オクターブを組み合わせることで、その打ち込み表現が大きく広がります。




DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。