Waves V12 新機能〜アップグレードの流れを解説 

Author: sleepfreaks

ユーザーの意見が取り入れられ「より使いやすく」

WAVES_V12

先日リリースされた「Waves V12」
今回のアップデート内容はユーザーの意見がしっかりと取り入れられており、特に製品の使いやすさが大きく向上しています。

V12によって新しく追加された機能を確認していきましょう。

プリセットブラウザを搭載

Waves製品の多くは、豊富なプラグイン設定(プリセット)が備わっています。
当バージョンより「プリセットブラウザ」が搭載され、プリセットの検索がとても便利になりました。

Preset_Browser

「Load」から「Preset Browser」を選択します。

Preset_Browser

このようにプリセットがリスト/カテゴリー別に分類された形で表示されます。
プリセット名をクリックすると、現在のプラグインへ設定が反映されます。

ウィンドウサイズが変更可能に

Window_リサイズ

パソコンのディスプレイ環境に合わせて、プラグイン画面のサイズ変更が行えるようになりました。
サイズは「75%/100%(通常)/125%/150%/200%」から選択可能です。

細かなパラメーターがより確認/調整しやすくなりますね。

Mac Ratinaを含めた高解像度ディスプレイに対応

Window_リサイズ

ディスプレイ解像度が合わずパラメーターの設定が行いにくい。見にくい。ということが度々ありました。
V12はMac Ratinaを含めた高解像度ディスプレイに対応し、快適にパラメーターを調整/確認できるように進化しています。

プラグインバンドルに3製品が追加

Waves

Horizon/Diamond/Platinumバンドルへ3つの製品が無償追加されました。

追加プラグイン

  • Smack Attack : トランジェントのコントロールが行え、ミックスの奥行き/遠近感を操る
  • Submarine : 2オクターブまでの低域を加え、サウンドへ迫力と厚みを演出
  • LoAir : サウンドの1オクターブ下に倍音を与え、空気感や迫力をコントロール

「Smack Attack」は弊社動画でも解説を行なっていますので是非、併せてご確認ください。

ミックスが上手くなるTIPS 「Waves Smack Attack」動画

Waves V12をお得に購入可能

V12upg

Waves V12のリリースを記念して、上記3つバンドル(Mercury/Horizon/Diamond)へのアップグレードが特別価格で提供されます。
すでにWaves製品をお持ちなら、WUP期間が切れてしまっていても、アップグレードにより新たにWUPが1年間付与されます。

アップグレード/購入方法

次にWaves V12へのアップグレード方法を確認していきます。
これから新規で製品を購入されるという場合は、全ての流れを下記の記事で解説しています。

V11以前の製品をV12へ無償アップグレードする

プラグインの購入から1年以内の場合、または年単位で更新される「Waves Update Plan」に加入している場合は、無償でV12にアップグレードすることができます。
下記の方法でプラグインが対象になっているか?ということを確認できます。

Get_Latest_Version

Wavesのマイページにログインし、「Get Latest Version」を選択します。

Get_Latest_Version___Waves

現段階で無償アップグレード可能な製品が表示されます。
チェックを入れて「Get Latest Version」をクリックします。

その後に、最新の「Waves Central」をダウンロードして立ち上げ/ログインを行います。
使用方法は下記の記事で解説しています。もし迷った際にご確認ください。

Waves_Central_12_0_8

上記で有効にしたライセンスが表示されていますので、ライセンスをパソコン/USBメモリに移動します。

Waves_Central_12_0_8

その後に「My Products」から製品をインストールすることでDAW上で使用可能となります。

V11以前の製品を12へ有償アップグレードする

プラグインの購入から1年が以上経過しており、年単位で更新される「Waves Update Plan」に加入していない場合は、有料で製品をV12にアップグレードする必要があります。

Get_Waves_Update_Plan

Wavesのマイページにログインし、「Get Waves Update Plan」を選択します。

RENEW_UPDATE_PLAN

V12にアップグレードしたい製品にチェックを入れると、見積もり金額が表示されます。
アップグレード価格は最大で240ドルとなりそれ以上高くなりません。(同一製品が含まれる場合以外)

内容に問題がなければ「RENEW UPDATE PLAN」を選択します。
決済を行うことで、選択したプラグインがV12へアップグレードされます。

Get_Latest_Version

次にWavesのマイページにログインし、「Get Latest Version」を選択します。

アップグレードを行なった製品が表示されます。
チェックを入れて「Get Latest Version」をクリックします。

Waves_Central_12_0_8

最新の「Waves Central」を立ち上げ/ログインを行います。
有効にしたライセンスが表示されていますので、ライセンスをパソコン/USBメモリに移動します。

Waves_Central_12_0_8 インストール

その後に製品をインストールすることでDAW上でV12を使用可能となります。




DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。