RELAB Development プラグインを使用をするまでの流れ アカウント作成と製品のオーサライズ

Author: sleepfreaks

RELAB Development製品をDAWで使用するために

relab-banner

ここではRELAB Developmentプラグインをお使いのDAWで使用するまでの流れを解説します。

製品のダウンロード

コチラのページにアクセスします。

Downloads_-_Relab_Development_ApS

1.購入した製品を選択します。
2.お使いのOS(Mac or Win)のインストーラーをダウンロードします。

ダウンロードしたプラグインファイルをインストールします。
これでDAWに製品が立ち上がるようになります。次のライセンス登録に進みましょう。

iLokアカウントへ製品を登録する

製品を使用するには無料のiLokアカウントが必要になります。
まだアカウントをお持ちでない場合は、下記の記事を確認いただきアカウントを作成/iLokマネージャーをダウンロードしてください。

iLok License Managerを起動します。

iLok_License_Manager

ライセンスボタンを押したあと、製品のシリアルナンバーを入力して「Next」を押します。

製品名が正しいかを確認、ライセンス割り当てるデバイス(iLokアカウント/パソコン本体/iLokキーなど)を指定します。
その後に「Redeem」を押します。

直接パソコン本体/iLokキーなどに割り当てを行うことができますが、一番上の「iLokアカウント(ユーザー名)」で進めてみます。

iLokアカウントを選択すると「Available」タブに製品が表示されます。

ここからパソコン本体やiLokキーなどお好きなデバイスへライセンスを割り当てます。
これでライセンス登録を含め全ての工程が完了です。

このようにDAWで使用できます。



DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。