楽曲のテンポを割り出す Logic Pro の使い方

Author: sleepfreaks

市販楽曲を含む参考楽曲のテンポを検出

制作作業の中で「対象楽曲のテンポを割り出す」という場面は非常に多いです。

2mix

テンポ把握のメリットとして

  • 対象楽曲に打ち込みを重ねたい
  • リミックスをしたい
  • 効率良くコピーをしたい
  • ディレイやシンセなどのテンポ同期設定を使用したい

などの要望が全て叶うことです。
作業前には必ず行なってきたい調整です。

そしてDAWには「テンポ自動検出機能」が備わっていますが、

「楽曲全体など長い分析」「楽曲前後の空白」「拍子の変更」などにより、
思った様にテンポ検出されないことが多々あります。

ここではマニュアルによるテンポ分析方法をご紹介します。




DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。



テンポ分析方法

記事を見ていくと行程が多そうですが、
大丈夫です。慣れると1分で終わる作業です。

※楽曲のテンポが一定ということが条件となります 
現代音楽のほとんどが当てはまります。

1_頭拍を検出する

「リージョン」をダブルクリックし、「サンプルエディタ」を開きます。

トランジェット

赤囲み「トランジェット編集」をクリックし点灯させます。

楽曲から「1拍目」を探します。
「1拍目」であれば、どの部分でも構いません。

楽曲中の「キックを目安に探す」というのがオススメです。

この楽曲の場合は

1拍目

ここが「1拍目」です。

「トランジェット部分」を「ダブルクリック」

「1拍目」の「トランジェット部分」を「ダブルクリック」しその部分のみを選択します。

選択範囲_リージョン

メニューより「編集」→「選択範囲 →リージョン」を選択します。

抽出後

その部分のみ「リージョン」となります。
これで正確な「1拍目」が抽出されました。

1拍目に移動

抽出した「1拍目のリージョン」を楽曲の先頭へ移動します。

リージョンの引き伸ばし

そこから「リージョン」を楽曲の終わりまで引き延ばします。


2_テンポを合わせる

2拍目

「2小節目」を確認します。
楽曲の「2小節目(黄)」をプロジェクトの「2小節目(赤)」と合わせます。

テンポを変更

テンポを変更することで、プロジェクトの「2小節目」が動きます。

プロジェクトの「2拍目」に合わせます。

目で確認しながらプロジェクトの「2小節目」に合わせます。

3_テンポ確認

テンポ確認

楽曲後半を確認し、メトロノームとズレていないかを確認します。

この時、メトロノームと合わない場合はテンポが微妙にズレているということです。

車が「時速100km」と「時速101km」で走っているのと同じ様に、
後半にいくにつれてドンドン差が広がっていきます。

テンポを「+1/-1」ずつ変更し、ジャストになるように微調整を行ないます。

4_削除したリージョンを戻す

「行程1」で削除した「キック前」のリージョンを復活させます。

リージョンの移動

1拍目の位置を変えない限りテンポからズレることはありません。
キック前の楽曲範囲を考慮し、リージョンを後ろへ移動します。

引き延ばし後

リージョンをドラッグし、削除した部分を復活させます。

これで完了です。
空白を含め、楽曲全体がテンポと同期した状態となります。


Logic Pro





DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。