オーディオループをMIDI鍵盤へ配置する Logic Pro の使い方

Author: sleepfreaks

Logic ループを細切れにし鍵盤へ配置

既存曲やLoop素材からアタックを検出し、その素材をMIDIとして扱うことができます。

  • キック、スネアのみを抽出
  • パターンの組み換え
  • トリッキーなMIDIエフェクトとの組み合わせ

その可能性が大きく広がります。

配置手順

まずは抽出するオーディオループを用意します。

オーディオループ

  • 1_Flexを点灯させオンにします
  • 2_分析させるトラックのモードを「Rhythmix」へ変更します

トランジェントマーカーのスライス

リージョンを「右クリック」し、
「トランジェントマーカーでスライス」を選択します。

スライス後

このようにリージョンが「アタック」部分で分割されます。

「EXS24」を立ち上げ「Edit」

ソフトシンセ「EXS24」を立ち上げ「Edit」をクリックします。

素材の取り込み

読み込みたい素材を赤囲み部分にドラッグします。

ゾーン選択

ダイアログから「連続するゾーン」を選択します。

読み込み後

このように素材の配置が完了しました。
後は「EXS24」で打ち込みを進めるだけです。

「EXS24」の使用方法は以下記事にて解説を行っています。併せてご参照下さい。

スライスの解説



Logic Pro





DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。