リファレンス音源を快適に視聴 コントロールルーム Cubase 使い方

Author: sleepfreaks

様々なモニタリングを行えるコントロールルーム

Cubaseに付属する機能「Control Room」があります。

これはレコーディングスタジオによくある、
別室(ブース)とのレコーディングをスムーズに連携させるためのものです。

しかし、それ以外にミックス、マスタリング時に使用できる便利な使い方も多くあります。
ここでは「リファレンス音源」を快適に切り替えて視聴できる手順を解説していきます。

※同じヘッドフォンで、それぞれのサウンドが切り替わります



コントロールルームの設定

設定の前に1つ注意点があります。
これら機能を使用するためにはオーディオインターフェイスの出力が最低でもステレオ2組必要です。

VSTコネクション

上メニューより「デバイス」→「VSTコネクション」にアクセスします。

コントロールルーム

「スタジオ」タブを選択し「チャンネルを追加」をクリックします。
その中の「Monitorを追加」を選択します。

出力の割り当て

「オーディオデバイス」を使用しているインターフェイスへ合わせます。
また出力も使用可能なものを割り当てます。

ここは「Line 1/2」としました。
Cubaesのサウンドは全てこのポートから出力されます。

Cueを追加

同じように「チャンネルを追加」をクリックし、「キューを追加」を選択します。
これが「リファレンス音源」を視聴するためのチャンネルとなります。

出力割り当て

上記の「Monitor」と異なるチャンネルを割り当てます。

コントロールルームの設定はこれで終了です。


ミックスコンソールの設定

ミックスコンソール-1

次にコントロールルームを活かすための「ミックスコンソール」設定です。

コントロールルームの表示

画面左上部のアイコンをクリックし、
「コントロールルーム/メーター」にチェックを入れます。

キューセンド

画像部分をクリックし「キューセンド」を表示させます。

これで設定完了です。


キューミックスの使用

キューセンド-1

リファレンストラックの「CUES」をクリックし、「キュー」を有効にします。

しかし、このままでは楽曲とリファレンス音源が同時に鳴ってしまいます。

トラックの音量設定

「Cues」をプリモードに変更し、「ボリューム」をゼロに設定します。
これによりリファレンスのサウンドが鳴らなくなります。

これで全ての設定が完了しました。

切り替え

右下の「コントロールルーム」

「MIX(楽曲)」と「C1(リファレンス)」を切り替えることで、
簡単に双方のサウンドを聴き比べることが可能になります。





DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。