DTM初心者のための作曲・音楽制作ソフト選択 フリーソフトを含む

Author: sleepfreaks

DTMに必要不可欠なDAWソフト

「DAW」とは「Digital Audio Workstation」の略で、
「打ち込みや」「ボーカル録音」などの音楽制作全て、このDAWソフトを通して行います。

作曲ソフトというのも、一般的にはこの「DAW」を指します。

パソコンだけ持っていても音楽制作をする事ができないため、
必ずいずれかの「DAW」が必要となります。

DAW選びはご自身の作業スタイルにより、変わってきます。
以下をご参考に、自分に合ったソフトを見つけていただければ幸いです。

Protools

DAWソフトの中で最も有名なソフトです。
Mac、Windowsともに対応しており、
多くのレコーディングスタジオでもこのソフトが使われています。

Protoolsの得意なこと

  • 歌やギターなどオーディオ録音と編集が優れている。
  • ルーティングやフェーダーの自由度が高くアナログライクなため、ミックスがしやすい。
  • 多くのスタジオで使用されているため、スタジオ録音した楽曲を
    自宅のDTM環境で開いて編集する事ができる。互換性に優れている。

Protoolsの苦手なこと

  • 打ち込みは他DAWの方が扱いやすい。
  • 料金支払いやバージョンが複雑。

こんな方にお勧め

  • 弾き語りなど、歌や生楽器中心の楽曲を制作したい方。
  • 波形編集などを中心とした作業を行いたい方。
  • 音楽だけではなく、ナレーションなどの音声編集を行いたい方。
  • 楽曲を完成させるMIXを中心に行い方。
  1. 初心者記事へ
  2. 上級者記事へ

Logic

Mac専用のApple純正DAWソフトです。
普段のMacの操作と共通性が多いため、直感的な音楽制作を行う事ができます。
全体操作が非常に分かりやすく初心者の方でも使いやすいのも特徴です。

Logicの得意なこと

  • 打ち込みに特化しており、MIDI編集が行いやすい。
  • ソフト自体がMacに最適化されているため、
    動作が軽快で多くのトラックを扱う事ができる。
  • 購入時に付属する様々なLoop素材、音源が充実しているため、
    すぐにトラック制作を行う事ができる。
  • 価格が安い。

Logicの苦手なこと

  • オーディオの扱いが少し複雑。
  • Windowsでは扱う事ができないため、互換性が低い。

こんな方にお勧め

  • Macユーザーの方。
  • エレクトロニカなど打ち込み中心の方。
  • 付属ループを使用し、手軽に楽曲制作を行いたい方。
  • GarageBandを使用していた方。
  • 初期費用を抑えたい方。

  1. 初心者記事へ
  2. 上級者記事へ

Cubase

オーディオレコーディングと打ち込みのバランスが良く、
上記2ソフトの良い所を合わせたようなソフトです。
Mac、Windowsともに対応しているため、互換性も優れています。

Cubaseの得意なこと

  • ボーカルなどのオーディオ録音、編集などもストレスなく行う事ができる。
  • 打ち込み、MIDIを扱った作業も軽快に行う事ができる。
  • VOCALOIDとの連携に優れている。

Cubaseの苦手なこと

  • 価格によりグレードが分かれており、最上位以外は機能制限が設けられている。
    またその価格が高めに設定されている。

こんな方にお勧め

  • 幅広いジャンルの音楽制作を行いたい方。
  • オーディオ録音、打ち込み共に力を入れたい方。
  1. 初心者記事へ
  2. 上級者記事へ

StudioOne

無駄な機能を削ぎ落とし直感的な操作感を実現しています。
Mac、Windowsともに対応しています。
無料使用できるフリー版があり予算をかけずに本格的なDTM始められます。

StudioOneの得意なこと

  • ドラッグ&ドロップを多用した直感的な操作感。
  • 通常、別ソフトを使用するマスタリングをこのソフト1つで完結。
  • 無期限で使用できるフリー版が配布されている。

StudioOneの苦手なこと

  • 楽譜を使った編集ができない。

こんな方にお勧め

  1. 初心者記事へ
  2. 上級者記事へ

Ableton Live

柔軟なリアルタイム性を持ち合わせているため、
DJやDTM経験者のセカウンドDAWとして人気が高いです。
素材を組み合わせていくだけで簡単に楽曲制作を行なうことができます。

Ableton Liveの得意なこと

  • フロアの盛り上がりに合わせ、リアルタイムで楽曲を展開。
  • トラックに対してのエフェクトを直感的にコントロールする。
  • 複数の素材を組み替え楽曲デッサンを行なう。

Ableton Liveの苦手なこと

  • 楽譜を使った編集ができない。
  • 他のDAWソフトと概念が異なる部分が多いため、
    乗り換えの方は慣れるために時間がかかる

こんな方にお勧め

  • ライブやクラブパフォーマンスに使用したい方。
  • 楽器を弾かず素材選択にて楽曲を構築したい方。
  • 楽曲モチーフを簡単に作成したい方。
  • エフェクトを直感的にコントロールしたい方。
  1. 初心者記事へ
  2. 上級者記事へ

FL Studio

Windowsのみ対応のDAWソフトで、EDMを作成することに特化しています。
ビートを打ち込みに重宝するエディターや、
作成したパターンを繋ぎ合わせて曲を構築していく、わかりやすさが特徴です。

「ライフタイム フリーアップグレード」が導入されており、
新バージョンがリリースされた場合も、無料でアップグレードを行うことができます。

FL Studioの得意なこと

  • ループ素材を使用した楽曲構築
  • EDMを作成するためのエフェクト/シンセが充実。
  • わかりやすく、高画質な編集ウィンドウ。

FL Studioの苦手なこと

  • 楽譜を使った編集ができない。
  • 4/4拍子に特化しており、それ以外の拍子打ち込みが行えない。
  • Mac環境で使用することができない。

こんな方にお勧め

  • EDMを作成したい方。
  • ループをメインとして作曲したい方。
  • エフェクト、シンセの充実を求める方。
  • アップデートの投資を抑えたい方。
  1. 初心者記事へ
  2. 上級者記事へ

Finale

美しい譜面をすぐに作成することができます。
他のDAWソフトと趣旨が異なり、あくまで楽譜に特化したソフトとなっています。

Finaleの得意なこと

  • 譜面作成に特化しており、操作性に優れている。

Finaleの苦手なこと

  • ダンス系など譜面をあまり必要としないジャンルでは
    ソフトの持ち味を活かせない。

こんな方にお勧め

  • 譜面中心で作曲を行いたい方。
  • 楽譜を作成したい方。
  • オーケストラなどクラシカルなジャンルを行いたい方。
  1. 操作記事へ

マンツーマンでの機材アドバイス

「インターネットレッスン」では、
Sleepfreaks講師が「完全マンツーマンの機材アドバイス」を行なわせていただきます。

ヒアリングを通し、
生徒様のジャンル/スタイルに合わせた最適機材をアドバイスさせていただきます。

まだDTM機材をお持ちでない方も安心して受講していただけます。