sleepfreaks

15th
2月

25_曲中でのテンポ/拍子変更_CUBASE

<<24_トラックを一気にバラバラで書き出す  26_楽曲データの効率的な整理とバックアップ>>


楽曲へ様々な表情をつけられる

トランスポート

曲中で「テンポ、拍子」変更をすることで、

  • Aメロ、サビなどの構成ごとにテンポを変える
  • 楽曲速度を徐々に早く/遅くするなど変化をつけることができます

当記事はこの記事を把握していることで、より理解が深まります。
楽曲テンポを設定する
まずは楽曲のテンポ設定です。初期設定は「テンポが120」に設定されているため、希望のテンポへ変更する必要があります。



解説動画




Cubase テンポ変更方法


テンポトラック

↑ 上メニュー → 「プロジェクト」→「テンポトラック」を選択します。



Cubase_TempoTrack_2-1

「テンポトラックの有効」ボタンを点灯させます。
その後、クリックで点を追加し上下ドラッグでテンポの調整を行います。



Cubase_TempoTrack_3

「鉛筆ツール」を選択してドラッグを行えば細かな調整も行えます。



Cubase_TempoTrack_4

スナップを有効にして、単位を指定(ここでは小節)することで、
指定した単位でテンポを調整することも可能です。


テンポカーブのタイプの変更について

Cubase_tempo

テンポチェンジのポイントを選択し、
情報レーンにてタイプ変更を【ジャンプ】→【引き寄せ】とすることで、
2点間を滑らかに繋ぐ設定とする事が出来ます。


Cubase_Tempo_2

あるいはテンポエディタのメニューからタイプを【ジャンプ】→【引き寄せ】に変更することで、
同様に2点間を滑らかに繋ぐ事が出来ます。



Cubase 拍子変更方法


拍子トラック-2

トラックリストを右クリックし「拍子トラック」を選択します。



拍子トラック-1

鉛筆ツールを選択し、拍子を変えたい部分をクリックします。
希望の拍子を入力することで変更を行えます。



このような記事も読まれています
楽曲のテンポを割り出す
「対象楽曲のテンポを割り出す」ための設定を解説していきます。事前にテンポを合わせておくことにより、様々なメリットもあります。
複数楽曲のテンポ合わせ
ここでは「2曲以上に対してのテンポを合わせる」方法をご紹介します。
オーディオ素材に合わせテンポ変更
オーディオファイルをMIDIと同じように楽曲テンポへ従わせるための設定を解説していきます。
オーディオをテンポに従わせる
楽曲テンポを変更すると、MIDIはその変更に従いますが、オーディオファイルの再生速度は変わりません。オーディオワープを使用することで、MIDIのようにオーディオファイルを扱うことが可能です。



レッスンではこのような事も習得できます

  • クラシックなどの複雑なテンポ/拍子の編集
  • テンポ変更したオーディオファイルの扱い


<<24_トラックを一気にバラバラで書き出す  26_楽曲データの効率的な整理とバックアップ>>

<<上級者カテゴリーに戻る>>








ご相談はこちら

無料レッスンを 試してみる

スリープフリークスは、オンラインレッスン実績No.1のDTMスクール
一人一人に合わせた幅広いレッスン内容をご提供いたします。