sleepfreaks

15th
2月

25_曲中でのテンポ/拍子変更_CUBASE

<<24_トラックを一気にバラバラで書き出す  26_楽曲データの効率的な整理とバックアップ>>


楽曲へ様々な表情をつけられる

トランスポート

曲中で「テンポ、拍子」変更をすることで、

  • Aメロ、サビなどの構成ごとにテンポを変える
  • 楽曲速度を徐々に早く/遅くするなど変化をつけることができます

通常のテンポ設定方法は以下URLからご参照ください。
http://sleepfreaks-dtm.com/wordpress/for-beginner-cubase/lesson4/



Cubase テンポ変更方法


テンポトラック

↑ 上メニュー → 「プロジェクト」→「テンポトラック」を選択します。



テンポを書く

  • 1_テンポチェンジのオン/オフを切り替えます。
    点灯でテンポチェンジが行われます。

  • 2_鉛筆ツールを選択します。

  • 3_書き込みの細かさを音符で指定します。
    また左のスナップを消灯させることで、自由なテンポポイントを作成できます。



テンポポイント

↑ ドラッグでテンポの書き込みを行います。
このように自由にテンポ調整が可能です。



Cubase 拍子変更方法


拍子トラック-2

トラックリストを右クリックし「拍子トラック」を選択します。



拍子トラック-1

鉛筆ツールを選択し、拍子を変えたい部分をクリックします。
希望の拍子を入力することで、拍子を変更することができます。




レッスンではこのような事も習得できます

  • クラシックなどの複雑なテンポ/拍子の編集
  • テンポ変更したオーディオファイルの扱い


<<24_トラックを一気にバラバラで書き出す  26_楽曲データの効率的な整理とバックアップ>>

<<上級者カテゴリーに戻る>>







一人一人に合わせた幅広いレッスン内容をご提供いたします