異なるDAWで楽曲を互換させる 3_データの読み込み

Author: sleepfreaks

MIDIとAUDIOをスムーズに互換させる

DAWの互換

前項で「MIDIとAUDIO」を書き出した後は、異なるDAWへ読み込みを行なってみましょう。
ここでは相手にデータを送る場合や受け取る場合の注意点も含め、解説を進めていきます。

MIDIとAUDIOの互換

1_DAWの構造把握 
2_MIDIとAUDIOの互換 
3_データの読み込み ※現在の記事となります



容量が大きなファイルの注意点

データ容量が小さいMIDIファイルはメールに添付することができますが、
容量が大きくなりがちな、オーディオファイルを送信する際、エラーを起こしてしまう可能性があります。

このような場合は「オンラインストレージ」が便利です。

特にオススメしたいのは、
膨大なファイル容量を扱う事ができる「Giga File便」です。

ギガファイル

URL : http://gigafile.nu

ファイルのバックアップをとる

バックアップ

送信/受信したファイルは必ずバックアップをとるようにしてください。
ファイルを無くしてしまった場合や、破損させてしまった場合も対処が可能になります。

ファイルの読み込みはドラッグ&ドロップ

異なるDAWで楽曲を互換させる

MIDI、Audio共に、
DAWのシーケンスへ「ドラッグ&ドロップ」することで、取り込みが可能です。

後は、音源の割り当て、テンポの変更などを行うと、
楽曲がしっかりと再現されます。