Stylus RMX 使い方④ Edit Group機能

Author: sleepfreaks

Stylus RMX グルーブを個別に処理

Stylusの売りである、豊富でセンスの良いパターン。
楽曲のメインビーツとして使用されている方も多いかと思います。

MIDI

パターンはこのようにMIDIで配置されます。
ここで問題になってくるのが、キック、スネアなど個別キットの編集が困難なことです。

そんな際に使用していただきたいのが「Edit Group機能」です。
パターンの中のキットを個別に編集することができるため、更なるパターンに追い込みが可能です。

Stylus動画へのアクセス




DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。


  1. 1基本概念とパターン
  2. 2リズムのエディット
  3. 3REXファイルの読み込み
  4. 4Edit Group機能 *当記事となります
製品のご購入

Edit Groupの使用

Edit Groupを開く

この部分をクリックし「Edit Group」を開きます。

ASSIGN

「ASSIGN」をクリックし、パターン中のどの部分を編集するか?を決定します。

選択後

このように変更したい基準を選択すると、
Stylus上の編集がそのパートのみ適用されます。

FX

「FX」処理も引き継がれます。

製品のご購入




DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。