ミックスが上手くなるTIPS Waves OneKnob Louder 活用術

Author: sleepfreaks

ノブ1つで”いい感じ”の音圧に


louder

今回はWavesのOneKnob Louderについて解説していきたいと思います。

OneKnobシリーズはその名の通り、ツマミ一つでシンプルな役割を果たすシリーズですが、その中でもこのLouderはいわゆるマキシマイザー的な位置付けとなります。
ノブを回していけば音圧が上がるわけですが、その際0dBでリミットされ、クリッピングが起きないよう設計されています。

それでは、使い方を見ていきましょう。

ミックスが上手くなるTIPS Waves OneKnob Louder 活用術 動画

製品URL:https://bit.ly/2xgg2jR



求人掲載


DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。






とりあえず音圧を上げたい時に

マキシマイザーといえば、やはりマスタートラックに挿して、全体の音圧を上げたい時に使用しますよね。
もちろんこのOneKnob Louderも、そのように使用してOKです。

louder2

特にアレンジやミックスの途中段階などで、音圧を上げたらどんな印象になるのかをとりあえず確認したい際に重宝します。

▶︎適用前

▶︎適用後

非常に自然に音圧が上がり、かついい感じに華やかな印象になってくれますね。

マキシマイザーと組み合わせる

もう一つの使い方としてご提案したいのは、最終的にマスターで様々な処理を施した後に、もう一歩音圧感が欲しい、という時、マキシマイザーの前段に挿してほんの少しノブを回す、という方法です。

louder+maximizer

OneKnob Louderは単純に音圧を上げるだけでなく、音質にも作用して、ただマキシマイザーに音量を突っ込むのとは違う音圧感を得ることができます。
音を確認してみましょう。

▶︎マキシマイザーのみ

▶︎OneKnob Louder + マキシマイザー

いかがでしょうか?
音圧感を得やすい中高域に存在感が出て、音像もややワイドになったように感じます。ノブ一つでの操作ですが、やはり内部的には様々な処理が行われているようです。
ほとんど時間もとりませんので、使ってみて楽曲にマッチしたならば採用、という感じでいいと思います。

押し出したいトラックに適用する

加えての使い方としては、特定のシングルトラックやバストラックについて、もう少しだけ前に出したい、という時、フェーダーを上げる代わりにOneKnob Loduerを使用するというものです。

drums_buss

例えば、先ほどの状態からドラムを一歩前に出したい場合、ドラムのバストラックに適用します。そして、マスターで行ったのと同じようにほんの少しだけノブを回します。
実際に聞いてみましょう。

▶︎ドラムバスに適用前

▶︎ドラムバスに適用後

OneKnobは緩やかにコンプレッションを行いながら音圧を上げていくので、こちらも単純にフェーダーを上げるよりも、全体に馴染みながら破綻なく音ヌケを得ることができます。


このように手軽に使えてハマれば効果抜群のOneKnob Louder、持っておけば中々重宝すると思います。
ご興味を持たれた方は、ぜひ使ってみてください。




DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。






記事の担当 大鶴 暢彦/Nobuhiko Otsuru

Sleepfreaks DTM講師 大鶴 暢彦
  1. 講師のプロフィールを読む