ランダマイズ機能で微妙な変化をつける Cubase 使い方

Author: sleepfreaks

Cubase ランダマイズとは?

通常、ステップレコーディングは「小節や拍に対しジャストタイミング」に配置されます。

ドラムなど特定のフレーズを繰り返し使用する場合、
聴き手は繰り返されるフレーズに対しマンネリ感を抱きます。

そのような時に役立つのが「ランダマイズ」です。

名前の通り、適当にノートを前後にズラす機能です。

この移動が大きい場合、フレーズ自体が崩れてしまいます。

あくまで「微差」味付け程度に使用します。
最後まで聴き手に緊張感を与え、パターンのマンネリを防ぐことができます。

ランダマイズの解説動画


DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。



Cubase ランダマイズ使用方法

ランダマイズ

「ランダマイズ」を適用したいノートを選択し、上記の赤囲み部分をクリックします。

クオンタイズパネル

クオンタイズパネルが開きます。

「ランダム化」の値を調整します。

0〜48ティックで調整し、この数字が大きくなるにつれ「ランダム」が大きくなります。
数字の決定後に「適用」をクリックします。

今回はドラムのハイハットに「ランダマイズ」を適用しました。

Tick(ティック)の解説



「適用前」

ランダマイズ前

「適用後」

ランダマイズ後

楽曲に合わせ何度も確認していただき、
自然になるように調整を行ってください。





DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。