×
目次

MIDIコントローラーを使用した際に不要なMIDIノート/情報が発音・記録されてしまう Cubase

Author: sleepfreaks

MIDIコントローラーの操作と連動して音源が鳴るのを回避する

MIDI_コントローラー

現在、DAWのコントロールを円滑にするための様々なMIDIコントローラーが販売されています。
非常に便利なので愛用者も多いと思います。

ただ、Cubaseでこれらコントローラーを使用する際に、不要なノートMIDI情報やCCが送られてしまうというケースもあります。
ここではこの対処法を記載いたします。



Cubase

上メニュー「スタジオ」→「スタジオ設定」を開きます。

MIDI_Inputs

「MIDIポートの設定」を選択してコントローラーのMIDIインプットを外すだけです。
これでMIDIノート/情報が送られなくなります。

ぜひお試しください!



DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。