環境設定を整える Maschineの使い方

Author: sleepfreaks

ワークフローを追いながらMaschineの使用方法を解説

Maschine

このカテゴリーでは、Nativeinstruments「Maschine」の実機解説を行っていきます。

簡単な楽曲を構築するスタイルで本講座を進めていきますので、
作業の経過と共に、本体の操作をしっかりと習得していただけます。

解説の環境は下記となります。

  • ハード : Maschine Studio
  • ソフト : Maschine
  • 音源 : Maschine内蔵音源 + KompleteSelect

なお、DAWと連携して使用されたいという方は、
下記の記事をご参照ください。

  • MASCHINE 2

    MASCHINE 2

    豊富なパターンや音色はもちろんのこと、ハードを使用してリズムをプレイする楽しさを味わえます。Kompleteと完全連携した操作性も必見です。

  • それでは解説に入っていきます。

    サウンド出力やレイテンシーを調整する

    Maschineを使用していく中で、
    一番最初に行うべきことは、本体の操作性を整えることです。

    この環境設定について触れていきます。
    当設定はソフト上から行います。

    まずは、Maschineのサウンドをどこから鳴らすのか?ということと、
    Padやキーボードの反応速度を決定します。

    Audio MIDI

    上メニューから「File」→「Audio and MIDI Settings」を立ち上げます。

    Audio and MIDI Settings

    • Device : Maschineのサウンドをどこから鳴らすのか?
      また、Maschineへ楽器などをサンプリングする際に使用する機器を指定します。
    • Sample Rate : 数字が大きいほど高音質となりますが、
      CPU負荷やサウンドの遅れに繋がります。画像の「44100」はCD規格の音質です。
      特に理由がない場合は「44100」「48000」をご選択ください。
    • Latency : Padを叩いてからサウンドが鳴るまでの遅延時間となります。
      数字を下げるほど、遅延が少なくなりますが、CPU負荷が高くなります。
      特に音源が多くなってきた際に負荷が高くなります。
      「256」〜「512」を目安に調整してください。

    MIDIキーボードを使用する

    MaschineはMIDIキーボードからも演奏が可能です。
    この連携を有効にする場合の設定となります。

    Audio and MIDI Settings-1

    「MIDI」タブを選択し、「Input」を選択します。
    使用したいキーボードを「On」に変更することで、使用が可能となります。

    環境設定で快適な動作環境を整える

    Preferences

    上メニューから「Maschine 2」→「Preferences」へアクセスします。

    Pattern Length

    「Default」の「Pattern Length」
    レコーディングを行う際、自動的に作成されるパターンの長さとなります。
    初期値は「4(小節)」ですが、少し長く感じるため、当講座では「2(小節)」にしておきます。

    Preferences2

    「Hardware」からは、Padの演奏ニュアンスを調整することができます。
    まずは一番上の箇所よりお使いのMASCHINEを指定します。

    その下の設定がとても重要です。
    Maschineの演奏スキルにも左右されますので、実際にPadを叩きながら調整を行ってください。

    • Touch Sensitivity : PADを叩いた際の感度です。

      スライダーが左に向かうほど、Padの感度が鈍くなります。
      メリットは誤操作が減ることですが、連打や細かなニュアンスを出しにくくなります。

      スライダーが右に向かうほど、感度が高くなっていき、少し触れただけでも、サウンドが鳴ります。
      連打やニュアンスコントロールには向いていますが、誤操作が増える可能性が高くなります。

      初心者の方は、中央から少し左くらいが良いと感じました。

    • Velocity Scailing : Padが叩かれた強さに対して、ベロシティ値を割り当てる基準です。

      全7段階あり、「Soft3」に向かうほど、弱い演奏でも高いベロシティが割り当てられます。
      演奏が安定するというメリットがありますが、ニュアンスが出にくいという特徴があります。

      逆に「Hard3」へ向かうほど、演奏によるベロシティ幅が広くなります。
      演奏ニュアンスを出しやすいですが、安定した演奏が求められます。

      初心者の方は「Liner」もしくは「Soft1」くらいが良いと思います。

    演奏の上達度に合わせて、定期的にチェックしてみてください。

    Colors-1

    「Colors」からは、「Pad」の色などを変更可能です。
    楽曲の中から個別にコントロールも可能ですが、ここで指定したカラーがデフォルト値として反映されます。

    <<Maschineの使い方 ハードウェア編へ戻る>>

    このような記事も読まれています

  • サンプリングレート_SamplingRate

    サンプリングレート_SamplingRate

    オーディオのアナログ信号をパソコンに取り込むためにデジタル信号へ変換する単位基準値。

  • ダイナミクス_Dynamics

    ダイナミクス_Dynamics

    音の強弱のこと。曲中の最小音から再大音の幅やベロシティの強弱としても使用される

  • レイテンシー_Latency

    レイテンシー_Latency

    パソコンを通して音を出す場合に発生する音の遅れのこと。パソコンやオーディオインターフェイスの性能により遅れの大きさが異なる。

  • KOMPLETE SELECTについて

    KOMPLETE SELECTについて

    MaschineやKompleteKontrolを購入すると、無償で即戦力のソフト音源を手に入れることができます。

  •