第6回 北アメリカ 〜アメリカ・メキシコ〜 古今東西スケール解説

Author: sleepfreaks

HAYASAKA_vol.6

こんにちは。XFLAG SOUND CREATORの「たくみん」です。
当カテゴリーでは「古今東西 スケール解説」というテーマに沿って、様々な音楽を表現するためのスケールを解説していきます。

今回は「北アメリカ 〜アメリカ・メキシコ〜」をテーマに取り上げています。

当コンテンツで学べる項目
  • ブルース風のスケール・和声・コードを理解する
  • ブルースを表現する楽器を知る

           

古今東西スケール解説
動画解説

動画関連資料のダウンロードはコチラから。

  1. 1第1回 スケールとは
  2. 2第2回 日本・琉球
  3. 3第3回 東アジア 〜中国〜
  4. 4第4回 中央・西アジア 〜エジプト〜
  5. 5第5回 北ヨーロッパ 〜スコットランド・アイルランド〜
  6. 6第6回 北アメリカ 〜アメリカ・メキシコ〜
  7. 7第7回 西ヨーロッパ 〜スペイン〜
  8. 8第8回 東南アジア 〜インドネシア〜

ブルースについて

hayasaka_06_01

ブルースという言葉、「聞いたことがある!」という方も多いかと思いますが、どんなイメージをお持ちでしょうか?
ROCKやJAZZのルーツとも言われているブルースですが、今回もスケール・コード・構成それぞれ解説をしていきます。

hayasaka_06_03

今回もまずはブルース風スケールを聴いてみましょう。

途中まではマイナースケールと思いきや、第5音の「G」が半音下がっていますね。
これはブルーノートと呼ばれる音で、この音こそがブルースの肝となります。
ブルース風メロディーやフレーズを作る上で欠かせない音なので、ぜひ覚えておきましょう。

ポイント① リズムは3連のノリにすべし

hayasaka_06_05

ブルースは「シャッフル」と呼ばれるリズムをベースとするのが基本となります。
シャッフルとは1拍を3分割し、真ん中の音を抜いた跳ねたリズムのことで、「スウィング」ともよばれます。

三連符(Triplet)/ スウィング(Swing)の説明

シャッフルに関するクオンタイズ

ポイント② 伴奏のコードは7thにすべし

hayasaka_06_06

ブルースのスケールは第7音の「B」にb(フラット)がついています。
これに合わせ、Cコードの部分に「Bb」を追加したC7のコードにすると一気にブルース感が増します。

hayasaka_06_07

ではリズムをアレンジし7thコードを取り入れたかえるの歌を聴いてみましょう。

一気にブルース風になりましたね!

ポイント③ コード進行の決まりを知るべし

hayasaka_06_08

3行の詩に伴奏をつけて歌にしたのがブルースの起源と言われており、その名残りで「4小節×3」の12小節で構成されるのが定石となっています。
またコード進行にも決まりがあり、スリーコードの「C7」「F7」「G7」、それぞれに7thをつけましょう。

hayasaka_06_09

これら3つのポイントを踏まえたかえるの歌を聴いてみましょう。

おすすめ楽器紹介

hayasaka_06_10

ブルース風楽曲でオススメの楽器として、「ギター」「ベース」「ドラム」「ブルースハープ」などが挙げられます。
ではこれらを取り入れたかえるの歌を聴いてみましょう。

いかがでしたか?
7thノートやリズム、コード進行など複数の要素を組み合わせながらブルージーな楽曲を制作していくと良いでしょう。

次回は「西ヨーロッパ 〜スペイン〜」風の楽曲を作るためのスケールを解説していきます。




DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。




講師:たくみん
XFLAG SOUND CREATOR

たくみん

profile:1981年 札幌生まれ。
教育大学音楽科に入学し、卓越した音楽理論の知識を身につける。
卒業後、ゲームサウンドクリエイターとして、100本以上のゲームを担当した。
制作したBGMは1000曲を数え、幅広いジャンルへ対応する確かな実力を持つ。

得意な楽器はピアノ・三味線・ベース。
XFLAGのゲームサウンドチームを牽引している。

<主な担当作品>
ファイトリーグ(iOS/Android)
イベントにおけるサウンド 他