第7回目 全体の総論 オーケストレーションについて

Author: sleepfreaks

orchestration-7-1

こんにちは。XFLAG SOUND CREATORの「ジギルさん」です。
当カテゴリーではオーケストレーションについてというテーマに沿ってオーケストラの基本的な知識、弦・金管・木管に打楽器や編入楽器といった内容をお届けしていきます。

今回は楽器の紹介や打ち込みを行うのではなくオーケストレーション全体の総論という形で、現在までの記事を振り返ってみたいと思います。

当コンテンツで学べる項目
  • 楽曲制作の設計図について
  • オーケストラの魅力を知る

           

オーケストレーションの技術⑦ 総論動画

動画関連資料のダウンロードはコチラから。

  1. 1第1回 序章 : 基礎知識
  2. 2第2回 弦楽器
  3. 3第3回 金管楽器
  4. 4第4回 木管楽器
  5. 5第5回 打楽器
  6. 6第6回 編入楽器
  7. 7第7回 総論
  8. 8第8回 特論 : 和声

現在までの振り返って 楽曲の設計図

これまでの解説を通して、下記のような項目を解説してきました。

振り返り

ただ、その中でこれらを「どう組み合わせて良いのかわからない」という方もいらっしゃると思います。
このような時は今までのポイントを意識した「設計図」を作成してみてください。

設計図とは

ここでいう設計図とは「メロディや構成を含め、感情曲線までを前もって考えたもの」を指します。

各回でご視聴いただいた「アルマゲドン」楽曲は約30秒と短いですが、

構成

序盤→中盤→終盤と予め楽曲の構想を練って作成しました。
この楽曲をどのような構想を描いて作成したのか?ということをお話しさせてください。

アルマゲドンPV

  • 序盤 : キャラクターの強さ 終末感
  • 中盤 : 無邪気な印象
  • 終盤 : 難敵の強大さ 壮大な物語の終わり

 
皆さんも楽曲を作成する際は、この設計図、イメージ作りに十分な時間をとるようにしてください。
いつもと違う楽曲アプローチが生まれるはずです。

それでは、なぜこのような楽器を選んだのか?という理由をオーケストラの魅力と共にお伝えしていきます。

オーケストラの魅力について

オーケストラに取り組んでみたいとお考えの方へ、オーケストラの魅力をお伝えしておきたく思います。

魅力1 多彩なサウンド

多彩なサウンド

複数の楽器で同一のメロディーを演奏することで、様々なサウンド表現を行うことができます。
組み合わせのイメージはシンセサイザーの音作りに近いと感じます。

POPS

POPなどではボーカルがメロディを歌う際、他の楽器は伴奏に徹することが多いですが、オーケストラではメロディーやオブリガート/ユニゾン/オクターブが頻出します。
同じメロディーを演奏していたとしても、楽器を変化させるだけで大きく表情が変わってきます。

使用楽器

アルマゲドンの楽曲では、このように楽器を変化させることで、設計図のイメージを表現しました。 

魅力2 楽器の入れ替わりよる多彩な音色・音量変化

オーケストラの魅力2

これまで解説してきた様々な楽器達が重なり合うのがオーケストラです。

音量の変化

このような項目を意識して、使用する楽器選択を行なっていくことで、よりクオリティの高い、設計図に則った楽曲制作が行えると考えています。


いかがでしたでしょうか?
楽器、フレーズの組み合わせは無限大です。

様々な可能性を組み合わせて、オリジナルサウンドの作成を楽しんでください!
次回はいよいよ最終回、「和声」について解説していきます。




DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。




講師:ジギルさん
XFLAG SOUND CREATOR

profile : 京都生まれ モンスターストライクを中心にゲームやPV等の作曲、効果音制作を担当。
個人ではYouTubeやニコニコ動画等で音楽活動を行っており、これまでの累計再生数は約1000万回を数える。
研究熱心で、サウンドのみならず動画編集も自ら行うスキルを習得している。

<主な担当作品>
モンスターストライク 効果音(iOS/Android)・キャラクターPVサウンドデザイン
ファイトリーグ BGM・効果音(iOS/Android)