第5回目 オーケストラの打楽器について

Author: sleepfreaks

xflag-sound-creators-orchestration-5

こんにちは。XFLAG SOUND CREATORの「ジギルさん」です。
当カテゴリーではオーケストレーションについてというテーマに沿ってオーケストラの基本的な知識、弦・金管・木管に打楽器や編入楽器といった内容をお届けしていきます。

今回はオーケストラの打楽器についての解説となります。

オーケストラで使用される打楽器は「楽曲の展開に盛り上がりや抑揚をつける」「フレーズを装飾する」など様々なものがあり、得意なフレーズも異なります。
各打楽器を把握して楽曲へ取り入れていくことで、より自由な音楽表現を行うことができますので、是非トライしていただければと思います。

当コンテンツで学べる項目
  • 打楽器の種類・奏法を把握する
  • 各打楽器の効果的な使用方法

           

オーケストレーションの技術⑤ 打楽器編 動画解説

動画関連資料のダウンロードはコチラから。

  1. 1第1回 序章 : 基礎知識
  2. 2第2回 弦楽器
  3. 3第3回 金管楽器
  4. 4第4回 木管楽器
  5. 5第5回 打楽器
  6. 6第6回 編入楽器
  7. 7第7回 総論
  8. 8第8回 特論 : 和声

打楽器の特性

「アルマゲドン」PV楽曲で使用している打楽器のポイントを例に解説していきます。

打楽器の特性

まず始めに把握しておきたいポイントが2つあります。

1. 打楽器は大きく分けて2種類ある

打楽器 音高

打楽器には大きく分けて「音高」を持つものと持たないもの2種類があります。

音高を持たない楽器

音高を持たない楽器はこのようなものが挙げられ、リズムを刻むのに適しているという特徴があります。

音高を持つ

音高を持つ楽器は和音を奏でたり、フレーズを装飾することに適しているという特徴があります。

ティンパニ

上記で音高を持つ楽器として挙げた「ティンパニ」ですが、音高を持つ/持たない楽器の中間の性質があります。
楽曲の盛り上がりやアクセントを表現するために、非常に重要な楽器です。

2. ドラムの役割が他ジャンルと比べて異なる

オーケストラ内で使用される打楽器はポップスやロックと比較した際に大きな違いがあります。

ポップスとの比較

リズムキープという目的よりは、楽曲のアクセントを担うケースが多いということが特徴です。

しかし、映画のサウンドトラックのように、オーケストラにリズムを加えたいという場合もあります。
そのような場合は、

  • 一般的なドラムキットを用いる
  • ループ音源を活用する

など、現代の楽器/サウンドと組み合わせて使用していくと良いでしょう。
 

具体的な打楽器の使用例

ここまでの話を踏まえて、具体的なポイントを解説していきます。

より具体的な打楽器

低域/高域の補強

低域_高域の補強

楽曲のレンジを広げて印象的なアクセントを与えます。

アタックの強調

アタックの強調

このようにメロディー楽器(ここではトランペット)のフレーズに対して、音高を持つ打楽器(ここではシロフォン)をレイヤーしました。
フレーズのアタック感を強調し、より印象に残るフレーズを作成できます。

煌びやかな装飾

煌びやかな装飾

バイオリンのフレーズに打楽器のグロッケンをレイヤーしています。
金属的な響きが加わり、明るく、煌びやかな印象を与えることができます。


本日はここまでとなります。
特徴を持った打楽器をフレーズに取り入れることで、より耳を引く、魅力的な楽曲に仕上げることができます。
覚えていて損はありません!

第6回目では「編入楽器」について解説していきます。




DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。




講師:ジギルさん
XFLAG SOUND CREATOR

profile : 京都生まれ モンスターストライクを中心にゲームやPV等の作曲、効果音制作を担当。
個人ではYouTubeやニコニコ動画等で音楽活動を行っており、これまでの累計再生数は約1000万回を数える。
研究熱心で、サウンドのみならず動画編集も自ら行うスキルを習得している。

<主な担当作品>
モンスターストライク 効果音(iOS/Android)・キャラクターPVサウンドデザイン
ファイトリーグ BGM・効果音(iOS/Android)