第2回目 録音した音の加工方法 MA講座 〜効果的な音付けについて〜

Author: sleepfreaks

KOYAMA_vol.2

こんにちは。XFLAG SOUND CREATORの「けんちゃろん」です。
当カテゴリーでは「MA講座 〜効果的な音付けについて〜」というテーマに沿って、動画に対しての効果音の付け方・作成を全8回に渡ってお届けしていきます。

今回は作った素材音の加工・エフェクトのかけ方について、動画素材を使用しながら具体的に解説していきます。

当コンテンツで学べる項目
  • 録音した素材を適切に加工する
  • 複数の音を効果的に組み合わせる

           

第2回目 録音した音の加工方法 動画解説

  1. 1第1回 MAとは?SEについて
  2. 2第2回 SEのつくりかた ストライク編
  3. 3第3回 SEのつくりかた ストライク編
  4. 4第4回 SEのつくりかた 神威編
  5. 5第5回 SEのつくりかた 神威編
  6. 6第6回 SEのつくりかた 神威編
  7. 7第7回 SEのつくりかた ガブリエル編
  8. 8第8回 SEのつくりかた ガブリエル編 その2

録音した素材を選定する

kencharon_02_01

まずは音の芯となる地面を踏む着地音を作っていきます。
今回はダンボールを叩く音を録音しました。

kencharon_02_02

適した素材を選定し、不要なものはカットしていきます。

効果音のタイミングを探る

kencharon_02_03

次に地面を踏むタイミングの位置へ音素材を移動させます。
加工し終えた段階で最終調整をするのでざっくりとした場所でokです。

kencharon_02_04

音の鳴り始めに立上り部分がありますね。
音には様々な要素が含まれているため、実際にダンボールを叩く前後にも音が鳴っているのが分かります。

kencharon_02_05

そのため波形を動画に合わせる際は、データの頭ではなく波形のピークを映像のタイミングに合わせていきましょう。

音を加工する

kencharon_02_06

適切なタイミングが決まったら、次は音の加工をしていきます。
まず、地割れの質感を出すためにピッチを15半音下げてみました。

エフェクターを適用する

kencharon_02_07

次にエフェクトを適用していきます。
イコライザーで上下の帯域を持ち上げ、音に迫力を出していきます。

kencharon_02_08

さらに地割れの歪み感を出すため、ディストーションを適用していきます。

kencharon_02_09

音の広がり・迫力を出すためにリバーブもかけていきます。

kencharon_02_10

仕上げとしてコンプレッサーを加え、音にまとまり感を出していきます。

kencharon_02_11

地割れの音に関しては、緩衝材を擦り合わせる音を使用し作っていきました。

kencharon_02_12

音を重ねることでよりダイナミックさが増し、質感が上がります。

今回の講義はここまでとなります。
録音した音の中から状況に合う音を選び適切に加工、組み合わせることで効果的なサウンドを作ることができます。

次回の講義ではシンセサイザーのサウンドを加工・エフェクト処理を行い、今回とはまた違った効果音の作成方法を解説していきます。

講師:けんちゃろん
XFLAG SOUND CREATOR

profile : 1969年 東京生まれ
専門学校卒業後、ゲームサウンドクリエイターとしてアーケイドゲームを中心に有名タイトルを多数手掛ける。
趣味はカメラで休日は飼っている犬猫達と戯れる。
社内スタジオにおける収録オペレータも務め、多数の声優収録の経験を持つ。

<主な担当作品>
モンスターストライク 効果音(iOS/Android)
ファイトリーグ BGM・効果音(iOS/Android)
キャラクター紹介動画 他