第4回目 ドラムの打ち込み方法 強弱を意識する

Author: sleepfreaks

TAKATSUTO_vol.4

こんにちは。XFLAG SOUND CREATORの「高津戸 勇紀」です。
当カテゴリーではバンドサウンドを創るにはというテーマに沿って、『バンドサウンド』を創る上での知識や生楽器の奏法について解説していきます。

第4回目は、ドラムの打ち込み方法、音の強弱について解説していきます。

当コンテンツで学べる項目
  • ベロシティの調整方法
  • ゴーストノートの活用
  • 一歩踏み込んだテクニック

           

第4回目 動画解説

動画関連資料のダウンロードはコチラから。

  1. 1第1回 Guitar 音作り
  2. 2第2回 Guitar 奏法 その1
  3. 3第3回 Guitar 奏法 その2
  4. 4第4回 Drum 奏法 その1
  5. 5第5回 Drum 奏法 その2
  6. 6第6回 Bass 奏法
  7. 7第7回 総論 : MIXについて

音の強弱=ベロシティを意識する

takatsuto_04_01

今回はEZ DRUMMER2を使って解説していきます。
まずは作ったドラムサウンドを聴いてみてください。

takatsuto_04_02

鍵盤には上画像のように音が配置されています。

ベロシティを調整する

takatsuto_04_04

ベロシティは上画像の部分に表示されています。
見やすくするため、シンプルなフレーズにしました。

takatsuto_04_03

まずはハイハットの部分を見てみましょう。

ベロシティを調整したフレーズ


ベロシティを一定にしたフレーズ

かなりリズムの印象が変わってくるのがお分りいただけたかと思います。

ゴーストノートを取り入れる

takatsuto_04_05

ゴーストノートとは、8ビートなどのビートをたたく時や、フィルなどのフレーズをたたく際、聞こえるか聞こえないかの音量でたたく奏法です。
先ほどのシンプルなフレーズにゴーストノートを加えてみました。

ベロシティを強めかつ、一定にしたゴーストノート


ベロシティを調整したゴーストノート

ベロシティを調整した方が、メリハリがついてノリが感じられるフレーズになったかと思います。
しっかりと音量差をつけてあげることでグルーヴ感が得られるようになります。

バスドラムの連打を取り入れる

takatsuto_04_06

少し高度な技ですが、バスドラムの連打を取り入れてみるのもいいですね。
曲調にふさわしい音量感があるかと思いますので、何度も聴いて調整していきましょう。

おまけ

takatsuto_04_07

ここに更に手を加え、こんなフレーズも作ってみました。

ドラムの研究をすることで打ち込みの技術も上がっていきますので、ぜひ皆さんも人間がたたいているようなドラムフレーズの打ち込みを目指してみていただければと思います。

次回はフィルの打ち込みについて解説していきます。
お楽しみに!

講師:高津戸 勇紀
XFLAG SOUND CREATOR

高津戸プロフィール

profile : XFLAGサウンドチームの統括リーダー。
日本工学院八王子専門学校卒業後、ゲームや遊技機のサウンドクリエイターとして、 数年に渡り年間100曲以上のペースで作曲を行う。
CMやイベントのサウンド制作も経験しており、特に動画に対するサウンドデザインを得意としている。
サウンドチームとしての新たなる取り組みを牽引する傍ら、 自らがフロントマンを務めるバンド「BURNER BROTHERS」のギタリストとしても活動している。
<主な担当作品>
ファイトリーグ BGM・効果音(iOS/Android)・PVサウンドデザイン
BURNER BROTHERS JGMFやニコニコ闘会議音楽ステージへの出演 他