無料で使える「KOMPLETE START」は即戦力のソフト音源、エフェクト、ループなどを多数収録

無料で使える「KOMPLETE START」は即戦力のソフト音源、エフェクト、ループなどを多数収録

無料で使える「KOMPLETE START」は即戦力のソフト音源、エフェクト、ループなどを多数収録

Native Instruments社から、15種類のシンセとサンプル・インストゥルメント、そしてエフェクト、ループなどがバンドルされた「KOMPLETE START」の無償配布が開始されています。

Mac/Windows両対応、フルインストールには7GBのディスクの空き容量が必要ですが、DAW付属のプラグインだけで音楽製作をしていた方は、この機会に入手されると良いかと思います。
ここでは「KOMPLETE START」のインストール方法もあわせてご紹介いたします。

Introducing KOMPLETE START


Recruitment of female vocalists-Banner


DTM解説情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。


KOMPLETE STARTとは?

プロ、アマ問わず多くの音楽クリエイターが所有している「KOMPLETE」をご存知の方も多いかと思いますが、この「KOMPLETE START」の付属製品は以下の内容が収録されています。

  • 「TRK-01 BASS」や「LAZERBASS」など6つのシンセ
  • 「PLAY SERIES SELECTION」「KINETIC TREATS」など9つのサンプル・インストゥルメント
  • 「SUPERCHARGER」「GUITAR RIG 5 PLAYER」の2つのエフェクト
  • 拡張音源の「EXPANSIONSシリーズ」から厳選された約1,500ものループとサンプルが収録された「EXPANSIONS SELECTION」

そして、それらを管理するための3つの無償製品「KONTAKT 6 PLAYER」、「REAKTOR 6 PLAYER」、「KOMPLETE KONTROLソフトウェア」も含まれています。

KONTAKT

Kontakt

BANDサウンドには欠かせないエレクトリックギターやベース、パーカッションやフルートなどワールドミュージック系の音源、もしくは「PLAY SERIES SELECTION」「KINETIC TREATS」を使いたい場合は「KONTAKT 6 PLAYER」を使います。

REAKTOR

Reaktor

「TRK-01 BASS」「LAZERBASS」などエレクトロ系には欠かせないバキバキしたベースや、攻撃的なリードシンセ、綺麗なPADサウンドなど使用したい場合は「REAKTOR 6 PLAYER」を使います。

KOMPLETE KONTROL

KOMPLETE KONTROL

入手した約1,500ものループとサンプルが収録された「EXPANSIONS SELECTION」を使ってFX系やインパクトのあるノイズ、グリッチ系のサウンドを使いたい場合、もしくは「KONTAKT 6 PLAYER」や「REAKTOR 6 PLAYER」で使用する音源を一括管理し、探したい音源のタイプなどで簡単に検索してプレイしたい場合は「KOMPLETE KONTROLソフトウェア」を使います。
一括管理して呼び出す以外にも「KOMPLETE KONTROLソフトウェア」には便利な機能がたくさん備わっております。

「SUPERCHARGER」「GUITAR RIG 5 PLAYER」の2つのエフェクトは各DAWのインサートに単体のエフェクトとして使うことができます。

SUPERCHARGER 動画解説

KOMPLETE STARTインストール方法

Komplete Start-Download-1

それではアカウント取得から「KOMPLETE START」の入手方法を解説いたします。
コチラ」からNative Instruments社のウェブサイトへアクセスし、ダウンロードするをクリック。

Komplete Start-Download-2

KOMPLETE STARTを入手するにはNative Accessをダウンロードし、Native Instrumentsのアカウントでログインする必要があります。
すでにアカウントをお持ちの場合は右側の「KOMPLETE STARTを入手する」をクリックします。
Native Accessについては以下リンクをご確認ください。

NATIVE ACCESS 解説動画

Komplete Start-Download-3

「Not installed」が選択されている事を確認して右上の「Refreshボタン」をクリック。
右上の「INSTALL ALL」から「CONFIRM」をクリックし、ダウンロードとインストールを開始します。

Komplete Start-Download-4

DAWで使用する前に、必ずインストールされたKOMPLETE KONTROLをアプリケーションからスタンドアローンモードで起動します。
この作業によって全てのサウンドがスキャンされ整理されます。

Komplete Kontrol-Native Instruments-Scan

スキャンが終わったら無事終了です。
これでKOMPLETE STARTで入手したNative Instruments製品を使用出来るようになりました。
KOMPLETE KONTROLを一旦閉じてDAWを立ち上げて見てみましょう。

KOMPLETE STARTをDAWで使用する

Logic-Pro-Native-Instruments

Logicの場合は「ソフトウェア音源トラック」を立ち上げて、「Instrument」>「AU音源」>「Native Instruments」と進めば製品が表示されます。
あとは用途に合わせたプラグインを立ち上げるだけです。

TRK-01-Native Instruments-Start-up-1

太く迫力のあるベースサウンドが欲しい場合は「REAKTOR 6 PLAYER」を立ち上げ「Player」タブから「TRK-01 Bass」を選択。
下の「TRK-01 Bass.ens」を右側のスペースへドラッグ&ドロップ(もしくはダブルクリック)。

TRK-01-Native Instruments-Start-up-2

「TRK-01 Bass」が立ち上がります。
赤く囲った箇所をクリックする事で多彩なプリセットを読み込めます。

AU/VST/AAXなどプラグイン規格について

各DAWソフトによって起動方法は若干変わります。
プラグイン規格については以下動画と記事をご確認ください。

プラグイン規格 説明動画


いかがでしたでしょうか。
無償配布の中では非常に充実した内容かと思います。
「いつかはKOMPLETEが欲しいけど使いこなせないかも。。。」とお悩みの方も「KOMPLETE START」に慣れておけば、上位版を購入した後も違和感なく移行できると思います。
「KOMPLETE START」を使用して浮かんだアイデアの中から、素晴らしい楽曲が生み出されることを期待しています。

関連リンク:KOMPLETE START

記事の担当 水谷 幸正/Yukimasa Miztani

  1. 講師のプロフィールを読む




セール情報をつぶやくTwitterのフォローもお願いいたします。