9. Traktor ループ機能

Author: sleepfreaks

手軽に使えるTraktorのループ機能

Traktorのトラックデッキでは、とても簡単にループ機能を使用することが可能です。
まずは、ループ機能に関連する箇所を確認しておきましょう。

loop

DJプレイ中にループを開始させる

DJプレイ中にループを作りたい場合は、Loop Size Controlボタンを押すのみで、
ループを開始させる事ができます。

選択したLoop Size Controlのボタンとループ箇所の波形が緑色に変化し、
ACTIVEが点灯し、ループ箇所が繰り返し演奏されます。

ビートスナップがオンの場合は、ビートマーカーの位置を考慮し、
最も近い拍の頭からループが設定されます。

ループを解除するには、緑色になっているLoops Size Controlボタンを再度押すか、
ACTIVEボタンを再度押すことにより解除できます。

ループプレイ中にループサイズを変更したい場合は、
変更したい長さのLoop Size Controlボタンを押すだけです。

ループサイズと長さの対応は以下の通りです。

  • 32:8小節
  • 16:4小節
  • 8:2小節
  • 4:1小節
  • 2:2分音符
  • 1:4分音符
  • 1/2:8分音符
  • 1/4:16分音符
  • 1/8:32分音符
  • 1/16:64分音符
  • 1/32:128分音符

マニュアルループ

任意の長さでループを設定したい場合は、
Loop inボタンでループ開始位置を設定し、Loop Outボタンでループ終了位置を設定します。

in_out

この方法でループ設定すれば、8小節以上のとても長い範囲をループ設定することも可能です。

マニュアルループを使用する際に、スナップがオフだと拍頭から微ズレの位置に
ループ開始・終了ポイント設定されやすく、ループがスムースにつながらない原因となりますので、
スナップをオンにして使用する事をオススメします。

※スナップについてはCUEのマネージメントで触れています。

ループインポイントをキューに設定

上記の手順でループを行っている最中に、「STORE」ボタンを押すと、
ループインポイントにキューを設定することができます。

loop_cue_before

STOREボタン押下後
loop_cue_after

ポイント

ループプレイ中に4小節のループから徐々に32分刻みのループへループサイズを変更していくことで
スネア・ドラムロールがないポイントで、ロールを作るなど、複雑なプレイが可能です。

roll

製品のご購入


講師_田澤

  1. 講師の詳細へ