トランスリード

Author: sleepfreaks

シンセの主役メロディに最適

今回のレシピは「トランスリード」の解説です。
派手で存在感のあるサウンドは主張したいメロディートラックに使用されることが多いです。

サウンドの決め手は「ユニゾン」と「デチューン」です。

サウンド作成方法

OSCの設定

OSC

  • 1_OSCの種類をSAWへ変更します
  • 2_厚みや存在感が欲しい場合は、他OSCをオクターブで重ねます

ユニゾンの適用

ユニゾン

「VOICINGタブ」を選択し

  • 1_ユニゾンの数を増やし音に厚みを与えます
  • 2_ディチューンの効果を出します

この段階でかなりトランス色が強くなります。

音程を滑らかにするグライド

グライド

ノートが重なった際に、滑らかな音程推移が行われる「グライド」を適用していきます。

グライド設定

またまた「VOICINGタブ」です。
モードを「Monorotate」と「Legato Triller」へ切り替えます。

タイム設定

「OSCタブ」の「Time」から音程推移の時間を調整します。

空間の味付け

リバーブやディレイ

「リバーブ」や「ディレイ」を使用し、サウンドに奥行きと広がりを与えます。

これで「トランスリード」の完成です。