Skrillexのようなワブルベースを作る

Author: sleepfreaks

「Skrillexのようなワブルベース」第三弾

Wobble_EDM_Dubstep Synth part1_1-1

お悩み相談室へのAnswer動画「Skrillexのようなワブルベースを作る」第三弾です。
前回の続編となりますので、ぜひ続けてお読みいただければと思います。

今回はPERFORMERを使って音にエグい変化をつけていく方法を解説します。

サウンド作成方法




製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。

Massiveの設定

OSCとENV4の設定

第1弾と同じような設定で、Modern TalkingとGentle Speechを使います。
また今回はENVでの変化はつけないので、真っ直ぐに伸びる設定としておきましょう。

OSC

  • 双方ともにIntensityは「Bend+」としておきます。

Wobble_EDM_Dubstep Synth part1_4-3

  • 「Attack Time」→「最速」
  • 「Sustain Level」→「最大値」


VOICINGとOSCタブの設定

こちらもお馴染みの設定となりましたが、Unisonoで厚みと広がりを出し、
OSCタブではGlideとアタックが弱まるのを防ぐ設定を行います。

VOICING

  • Unisonoは5、Pan Positionは少し広げておきます。
  • MonorotateとLegato Trillerを入れておきます。

GLIDE

  • Glideを少し入れておきます。
  • 「Restart via Gate」をオンにします。


エフェクトの設定

EFFECT

  • FX1 →「Tele Tube」 FX2 →「Dimension Expander」
    それぞれを少しかけ、音の太さや広がりを足します。
  • EQではHishelfと中高域をややブーストしておきます。

  • HardClipper

  • INSERT1 →「Hard Clipper」で歪みを加えます

前回も書きましたが、INSERTエフェクトをかける際にはルーティングに注意です。
今回は、フィルターのルーティングをシリアル(直列)としています。
ROUTING

FILETER1を通った後、FILTER2を通る設定です。
この場合、Ins1はFILTER後にかけていきたいので、ルーティングタブで以下のように設定します。
Rounting2





PERFORMERによる音色変化

ここからが今回のキーポイントです。
今回はPERFORMERを使って、音色に変化をつけてみましょう。

PERFORMER

OSCやFILTERのセクションで緑のラインが入っているところは、
すべてPERFOMERをアサインしています。
PERFOMERはステップごとにエンヴェロープのような変化をつけられる機能で、
周期的な動きはもちろん、トリッキなー動きにも使っていくことができます。

詳しい操作方法はこちらの記事をご覧ください。

また、PERFORMERによる変化の具合をヴェロシティで操作できるよう、
マクロの設定も行っています。
Vel


FILTERの設定

上述のように、今回はFILTERをシリアル(直列)でかけています。
そうすることで、複雑でエグい変化を与えていくことができます。

FILTER

  • FILTER1はSCREAMとし、CutoffとScreamにPERFORMERをアサイン。
  • FILTER2はLowpass4とし、CutoffにPERFORMERをアサイン。
  • 両方ともResonanceを適度にかけておくのがポイントです。

打ち込み時のポイント

PROGRAM

以上を設定の上、打ち込む際のポイントは、

  • ベロシティに変化をつけ、PERFORMERの効きにランダム感を出す
  • グライドを効果的に使うため、音程差を大きく振る

といった感じです。

今回も。「これが絶対」という方法ではありませんので、ぜひ参考にしながら、
オリジナルのかっこいい音を作ってみてください。


製品のご購入

Massiveが含まれた超お得なパッケージ!
リズム、生楽器、シンセなど、あらゆる種類の音源が収録されています。