パルス波によるバキバキベース アドバンス

Author: sleepfreaks

フィルターフィードバックを使用した派手なサウンドが特徴

Massive Rooting

前項の「パルス波によるバキバキベース」のアドバンス編を解説していきます。

ここでは「Feedback」と「Filter」を使用して、更に過激なサウンドメイキングを作成していきます。

ベースやリードサウンドにとても向いていますので、
パンチが足りないと感じた際のアクセントとしても使用してみてください。

それでは解説に入っていきます。

サウンド作成方法

FilterとFeedbackの適用

いきなり今回のポイントです。

Filter Feedback-1

Screamなどのローパスフィルターを適用します。
「Scream」というツマミが搭載され、より激しい音色変化を得ることができます。

その後に「ROUTING」ヘアクセスし「FB」をフィルターの後で点灯させます。

この「FB」は「Feedback」の略となり、
Massiveの内部でサウンドを回し、フィルターやエフェクトを何度も通すということを行います。
「AMP」の量によって、サウンドを変化させます。

各ツマミへ動きを与える

Envを使用してサウンドへ動きをつけます。

Massive ENV

好みに合わせ各パラメーターへ動きをつけることで、
サウンドにバリエーションとクセを与えることができます。

ここがとても楽しい所です。色々と実験してみてください。
「Attack」の速度が音色変化スピードに直結します。